ここから本文です

日本は、アメリカ国債をおよそ146兆円保有しています、さらにこの米国の国債は...

fex********さん

2016/5/1221:13:56

日本は、アメリカ国債をおよそ146兆円保有しています、さらにこの米国の国債は一度も返却されないどころか、この事を論じることさえタブーとされています、

特に問題なのがこの事をマスメディアが報道しないと言う事実、過去に 「アメリカ国債売っちゃえー論者」 橋本元総理、中川昭一元財務相、等は、御存知の通り、失脚、死亡されました、日本の財政が疲弊し、消費税増税が論じられている今こそ、売却すべきと思うのですが、日本の政治家、与党も野党もこの事に触れない、おかしくないですか?何故貸したお金を返してくれと、当たり前の事がタブー視されるのか、裏の事情に精通されている方、チラッと教えて下さい。

閲覧数:
13,572
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lol********さん

2016/5/1323:30:06

146兆円とは、2015年2月の報道を根拠にしたものでしょうか?

2015年2月時点の米国債保有量は1兆2244億ドル(当時の為替レートで約146兆円)ですが、2016年2月時点の米国債保有量は1兆1331億ドルなので、返済されているか、売却されている事になります。
これまでも増減は繰り返してきているので、「一度も返却されない」には根拠がありません。

また重要な事として、日本政府が米国債を購入する原資は借金です。
財務省の外国為替資金特別会計でも公表されていますが、日本が米国債を購入する時の流れは以下のようになっています。

財務省が外国為替資金証券(国債の一種)を発行→日本銀行が外国為替資金証券を購入→調達した円でドルを購入→ドルを債券等に投資

最後の投資先が主に米国債になっていますが、米国債以外では特に使い道がありません。

このような事をする理由は円安誘導です。
日本は放置していれば極度の円高になってしまうため、政府が円安誘導として円売りドル買いをするのですが、その時に得たドルを何かに投資しておかないと勿体無いので、米国債に投資して金利収益を得ています。
他にも国際支援として途上国へ融資もしていますが、それらに比べれば米国債の安全度は非常に高く、仮に米国債が破綻する事を前提にするなら、他の債券も多くが暴落すると考えられるので、あまり他の債券に投資する意味はないと考えられます。
因みに中国の米国債保有量が多いのも、輸出を中心とした経済を支えるために為替介入を繰り返しているからです。

上記の事から、仮に米国債を大規模に売却する事を想定しても、根本的に原資が借金である以上、日本に持ち帰れば返済に使うだけなので、何か他の事に使えるようなお金ではありません。
またそのような事をした時点で極度の円高になってしまうため、それだけで日本経済は大打撃を受けてしまいます。

他の選択肢としては、ドルをユーロに交換してユーロで運用する事ですが、ギリシャを含めたEUの現状を考えれば、ユーロへの投資はリスクが高い事がわかると思います。
ドルとユーロ以外で投資すべき国際通貨はないので、それ以外であれば実物資産の金への投資も考えられますが、金への投資は安全保障的なものですから、特に財政的なメリットはありません。

結局は紙切れでしかないドルは米国経済(軍事力)と一蓮托生なので、絶対的な価値を持つ金への投資はリスクの分散として合理的ではあるのですが、そもそも米国の軍事力で安全保障を維持している日本としては、米国が傾くなら安全保障を根底から見直す必要があるので、結局は同じ事だと考えられます。
それでも米国への一極集中を避けるために金へ投資する選択肢はありですし、恐らく米国から反対されるので米国債での運用を優先しているのは確かですが、現状で言うと売却した所で日本経済や財政に大きな影響はありません。

特に質問者様は「財政が疲弊し、消費税増税が論じられている今こそ」と仰られているので、それを目的にするなら意味がないと思います。
同じ敗戦国のドイツは金の保有量を多くしているので、長期的な安全保障の独立を考えるなら米国債の運用を削減していくのもありですが、国内の財政問題を理由に行うような議論ではないでしょう。
(橋本元総理の発言も「米国債を売却して金に換えたら米国は困るだろうからしない」というもの)

そもそも現状で日本の財政は全く問題ないですし、ノーベル経済学賞受賞者のスティグリッツやクルーグマンが指摘しているように、増税議論をするのが根本的に間違いである事を考える必要があります。

質問した人からのコメント

2016/5/19 11:37:58

ご回答有難う御座います、勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tom********さん

2016/5/1222:16:35

米国債を保有し、持ち続けることが、表に出ない、戦後日本が行うアメリカに対する戦犯的禊ぎであり、今後の日米関係を親密にする証なんだと思いますね。


ですから、当然タブーとなってもごく当たり前のことです。

アジアに対する禊ぎなども戦後日本は、色々な経済・資金的 な一方通行的援助を行い、今の日本の立ち位置を築いてきたようにね。

ito********さん

2016/5/1221:57:51

裏とかなくて、売れないのです。

敵国条項が有って、
日本が、米国債の大量処分を始めた場合、アメリカは日本を「敵性国家」に指定、「敵国条項」の発動により日本の米国内資産を凍結すでしょう。したがって、日本は米国債を処分できないのです。

みんな知っていることですよ。

dua********さん

2016/5/1221:50:15

売るということが当たり前の言葉ではないですから。持ち合いと日米密約をご確認ください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる