ここから本文です

ベーシックインカム導入について、労働意欲の低下がよく反論として使われますが、...

アバター

ID非公開さん

2016/5/1507:46:05

ベーシックインカム導入について、労働意欲の低下がよく反論として使われますが、それはなぜ低くなるのか、そして労働意欲低下によってもたらされる国や国民への影響はどういうものなのかが曖昧にしか理解、推測でき

ません。
論文など、参考資料も添付して説明してもらえるとありがたいです。

閲覧数:
1,210
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tubaki10759さん

2016/5/1901:12:31

ベーシックインカムの研究でもっとも有名なのはEvelyn L. ForgetのThe town with no povertyだと思いますネットにもアップされていています

1974年から1979年までの5年間カナダで約1000世帯に対して行われた
労働意欲に関する調査は行っていないがベーシックインカムを受け取った人たちの労働時間は男性約1%、女性約4%減少している
一方で家族や恋人などと過ごす時間が大幅に増えた、当時は結婚率と出生率が高いため家事・育児に対する時間が大幅に増加したことにより子供の学力が上がり病院利用が減り特に残業時間との相関が高いメンタルヘルスの利用が大幅に減少

それ以外だとナミビアで約1000人、ブラジルの農村で約100人など
ナミビアに関してはBIG Coalitionが報告書を出しています
特に効果があったものとして、犯罪件数・率の大幅な減少、死亡率の減少と健康状態の改善、アルコール・タバコ・薬物の販売・購入の減少、進学率が2倍以上に上昇、セックスワーカーの減少、失業率の改善、起業の増加、貧困世帯の減少

そのほかにもありますがすべては紹介しきれないので私見を書かせていただくと平均的に失業率が高い状態だと無給の時間外労働が増加します
端的には残業を拒否すると失業のリスクがあるから、ベーシックインカムを導入すると失業に対する圧力が下がるので就業時間は減少する
一方で失業者はベーシックインカムを元手にして起業するので地域経済は成長する
成長によって賃金の高い仕事または自営業が増えることで地域の賃金は上昇する
失業率が低い状態でも主に賃金を含めた雇用環境の改善によって労働者が増える

労働時間の減少と失業率の低下は確認されていますが労働意欲低下に関して確認された例は今のところありません、仮説としてスイスの所得制限のあるベーシックインカムに関しては労働意欲が下がるといわれています、所得制限に関しては年金や生活保護でも労働意欲の減少が指摘されています
ベーシックインカムだからではなく過去、公的給付に所得制限を行うとすべてのケースで労働意欲が減少します

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

niconicojpさん

2016/5/1912:13:56

労働のインセンティブは失われませんがベースックインカム論が増えてきたのが
先々近未来の起きるロボット・人工知能化の進歩による雇用破壊が起きるのです。
10年後~20年後の世界の世界の半数以上はそれらに据え置かれます。
また数年先となるとどうでしょう?働きたっくても働けないもしくは働かなくてもいい世界の到来が来ます。人間のインセンティブは趣味やボランティアなどに変わるでしょう。ちなみに野村総研の調査では10年後~20年後の世界の(日本49%アメリカ47%中国77%)の人間が仕事を失うのです。そういう時代がやってきたときにあなたならどうしますか?内戦?虐殺?世界大戦?人工淘汰?
困りますよね!これは企業側や投資家たちにも困るのです。全世界がこのようになれば企業の存在も無くなってしまうからなのです。投資家も困ります。ロボット・人工知能化により仕事の効率や生産性やサービスは人間を使うよりよくなってきます。24時間駆動でコストも電気代まあそれも自家発電したりすることもあります。
ロボットも感情を持ってくるからなのです。ディープランニングと言って人工知能
ロボットが学習しながら発達していくことをもう始めています。更に2045年問題があり人間の脳の一万倍の能力の人工知能になると言われています。そうなると人間は必要ではありません消費のみです。
時代の先駆者たちは(政治家・企業・投資家など)も人間が消費してくれなければならないことは知っているのです。人間は企業側にとっては消費するものだけになるでしょう。人間は自由な時間をどの様にするかの方が悩む時代が来るのです。
その代わり今まで概念が変わっていく時代になります。そんなの無理でしょうがと思っていたらそんなの無理だったことが当たり前と言う概念に変わっていきます。
それは世界中に変化を持たらします。生活の価値観やお金の価値観、労働の価値観も全て変わっていきます。そういう転換期に来る時代の少し前に今いるのです。
これは資本主義も持つ限界にきてのベーシックインカムは資本主義の到達点なのです。ベーシックインカムは(基本的なおお金)が底上げするだけでその今までなかった底ができるということなのです。今は一部での財政による実験国が出ますが
先々は財政や税金と関係ない人間の最低限生きられる底ができるので恐怖支配から安心感は生まれます。じゃ今のお金はなんで価値があるのでしょうか?またはポイントカードやチャージカード・仮想紙幣のビットコインや電子マネーやクレジットカードのポイントなどものによっては世界中で使用できますよね!それらは財政ですか?税金ですか?資本金ですか?(そんな莫大な金額を資本金で補えません)
用はそれらは信用創造で成り立ってるんのです。ベーシックインカムと言う人間の生きる底を作る信用創造を担保できればできるのです。それは各国必要なわけですから世界的に物価や紙幣価値が違いますからその底の信用創造はその国自体の価値によって底が決められると思います。この先世界はベーシックインカムの道はしか無いと徐々の判ってきます。もうこれしかないのです。産業も進歩いくけど人間も進歩していくのです。働くインセンティブを持っても働けなくなるもしくは働くなくてもいい概念になっていくでしょう。人間は労働しなければ生きられないという恐怖からの呪縛を解き放たれる用になるでしょう。相変わらず働かないものは食うべからずの考える人も先々は働けなくなるしベーシックインカムのもたらす安心感で暮らすようになるでしょう。まあこれあからベーシックインカムの議論は必然的に
増えていくでしょうからそれを国民の立場からどのようになっていく中(政治家や企業がや投資家)を見ていきがら
ベーシックインカムの達成に注目していきたいと思っています。

sam_packet_3さん

2016/5/1702:05:20

支給額は生活保護程度と言われているので、独身だと10万円切るくらい。これでよしとするなら働かないという選択肢もあるが、多くの人はより良い生活をしたいので、まったく働かないということはないだろうといわれてますね。

2016/5/1508:59:54

働かなくてもお金が貰えるなら、仕事を辞めようというのはありえます。

例えば、ホームレスで缶集めをしている人がいますが、辞めるかもしれませんね。

いま、辞めるか迷っている人も多少でもお金が入れば辞めやすいでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。