ここから本文です

交通事故示談の際の慰謝料について自賠責基準では180日間で92日通院の場合180×4200...

アバター

ID非公開さん

2016/5/3000:38:52

交通事故示談の際の慰謝料について自賠責基準では180日間で92日通院の場合180×4200円なのはわかります。

弁護士依頼の場合、裁判所基準と聞きましたがどのようになるのでしょう?
180日間に60回しか通院しないような通院日数が少なくても6ヶ月間の通院となるのでしょうか?

閲覧数:
1,835
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

中村有作さんの画像

専門家

yc_jvwdiさん

2016/5/3008:09:18

慰謝料についてのご相談ですね。
慰謝料は基本的には治療日数(総治療日数と実通院日数)で判断されます。
慰謝料には自賠責基準、裁判基準(弁護士基準)というものがあります。
自賠責についてはご指摘のとおり、4200円×180日=75万6000円となります。
裁判基準とは裁判になった慰謝料の基準であり、定型化されています。
赤本(東京3会)、青本(日弁連)にその基準はのっています。
あなたの場合、骨折等のない頸椎捻挫、腰部捻挫として回答します。
裁判基準ですと、総治療日数180日、実通院日数92日ですと89万円程度です。
弁護士が交渉すれば、これに近い金額となります。
通常その場合は増額分に対する一定額(1割~2割程度)弁護士報酬です。
弁護士特約がついている場合は、弁護士費用はそこからでますから、増額分全てが
あなたに支払われます。
180日間に60日の通院の場合も6か月間の通院としてみなされます。
ただ、180日間で、12日程度の通院ですと、保険会社との交渉が難航する場合は
あります(自賠責で支払われる金額が少ないため,保険会社が自己負担する額が増えるためです)。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/05/3009:58:03

    わかりやすい回答ありがとうございます。
    保険会社に連絡をしましたら後遺障害について申請をするように言われました。弁護士と共に頑張りましょうといわれましたが簡単に認定されるものですか?

    やはり弁護士特約を利用して弁護士依頼した方が良いのでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

中村有作さんの画像

中村有作

弁護士

損害賠償と労務関係のプロ

◇HP  http://naka-law-office.jp/ ◆専門分野  損害賠償請求を数多く取り扱っています。特に、交通事故、労災事故、不貞行為(離婚)、クレーマー対策に力を入れています。交通事故の場合は、初回相談料無料です。弁護士特約がついていない場合の示談の場合は...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/5/3108:28:26

本気で増額させたいなら知恵袋じゃダメ
いつまでたっても踏ん切り付かないよ

弁護士特約が付いているなら、法律相談費用として10万円程度も対象になる場合が多い
それで現実社会で話を進めなきゃダメ

もちろん、相手保険会社とは利害が対峙する
争いに発展すれば、損害賠償金の受け取りも先送りになる
そう言ったことも含めて、金額面だけではなく全体的に考えてかなきゃダメ

sei_stiさん

2016/5/3007:19:44

経過日数180日に対して通院日数92日の場合、92日×2より180の方が少ないので、180×4200円で合ってます。プラス、交通費程度。

で、裁判所基準というか、弁護士基準ってやつですね。これは後遺障害が残ってたりしないと、ほぼ無理ですよ。保険会社は基本、自賠責基準でしか支払いません。長い長い勝てるかわからん裁判やって裁判費用やら無駄にするより、自賠責基準の金額受け取った方が大体の人は楽ですよ。因みに、弁護士特約には裁判費用は入りません。まず、弁護士基準が取れるかどうかは弁護士に相談してみては??

最後に、60回通院なら、60日通院で6ヵ月とかなりませんよ。総治療日数を超えない範囲で通院日数×2ですからね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bs124pさん

2016/5/3006:24:46

自賠責保険の傷害保険金は120万円までが上限で、治療費 通院費 休業損害 慰謝料の順で支払う決まりがあります。

つまり治療費や休業損害で120万円まで使い切れば自賠責保険からの慰謝料は0円です。

弁護士委任で慰謝料を請求する場合、6ヶ月通院となりますが、弁護士に依頼したからと言って必ず弁護士基準で示談できる保障はありません。

裁判所基準での慰謝料満額を望むのであれば、裁判をおこし判決を得る覚悟が必要。またその場合、健康保険を利用しないで自由診療で治療を受けていたり、整骨院で治療をしていた等であれば、裁判所基準での満額判決は得れないこともあります。

tankun994さん

2016/5/3005:17:29

あなたは何もわかっていません。

慰謝料は、180×4200円になるとは限りません。


弁護士基準は弁護士に依頼した場合に主張したときのものです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。