ここから本文です

〔【男児置き去り】警察犬なぜか無反応~新たなナゾ呼ぶ「嗅覚」〕 (東スポ 2016...

indianlegend5さん

2016/6/122:13:46

〔【男児置き去り】警察犬なぜか無反応~新たなナゾ呼ぶ「嗅覚」〕
(東スポ 2016年6月1日)

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/547570/
地元住人も警察関係者も首をかしげている!?
北海道南部・七飯町で
小学2年生田野岡大和くん(7)が“
しつけ”のため置き去りにされた5分の間に行方不明となって、
1日で5日目を迎えた。
前日の5月31日には、
両親からの要望で大和くんを降ろした車の進行方向とは異なる、
北西に広がる駒ケ岳の裾野にも範囲を広げ捜索したが、
遺留品などの手がかりは見つからなかった。

代わりに出てきたのは新たなナゾだった――。
31日は悪天候のため、夕刻で打ち切られた捜索活動。
道警は1日、約120人態勢で再開した。
七飯町は北海道を通じて陸上自衛隊にも支援を求めた。

大和くんの置き去り現場に続く林道は、
普通車2台がやっと行き交えるほどの道幅で、
両脇には原生林がうっそうと茂り、地面に影を落とす。

置き去りにしたとされる午後5時から
1時間もたてば辺りは外灯一つなく真っ暗で、
野生のキツネの姿も。
当然ながら防犯カメラ映像などの客観証拠はなく、
家族の記憶だけが大和くんの行方を知る手がかりだ。

31日はもともと行方不明になった“現場”から
約15キロ四方に範囲を広げ捜索する予定だったが、
30日夜に
両親からの「山の上の方を重点的に捜してほしい」
という要請を受けて、
警察や消防など115人態勢で
砂防ダム沿いの林道などを捜索した。
だが、遺留品や足跡は発見できなかった。

「置き去り現場から林の中に10メートルでも入ると、
崖になっていて、下に沢があり、非常に危険。
しかも子供の背丈では、
その姿が隠れてしまう高さの草木が生い茂っている。
子供が迷い込んだら前も足元も見えない」
と地元関係者。

両親は当初、山菜採りの途中ではぐれたと説明したが、

車に山菜が一つもないことを指摘されると
「人や車に石を投げつけたので
しつけのために車から降ろした。
5分後に戻った時には姿がなかった」と発言を変えている。
着ていた衣服も「Tシャツにジーパン」が
途中から「紺色のジャージー」に変わった。

大和くんを知る近隣住民は
「山菜採りなら夢中になって
密林に分け入る可能性もあるが、
置き去りにされて
わざわざ林道を外れるなんてあり得ない。
この“ウソ”が初動捜査に影響したのでは。
目撃情報(を市民に求めること)だって、
服装くらいしか有効な情報はないのに、
一刻も早くわが子を救出したいなら
なぜもっと慎重にならないのか」と首をかしげる。

大がかりな捜索もむなしく、
何一つ手がかりをつかめないまま
時間だけが無情に過ぎていく。

そんななか、両親は連日のように、
警察による捜索終了後、
マスコミの目を避けるようにして
夜半に山林に入り自主的に捜索を続けているという。

警察関係者は
「大和くんのにおいをかがせた警察犬が全く反応せずに、
置き去り現場から動かない。
つまり大和くんがそこにいたにおいがないということ。
“置き去り現場”そのものが記憶違いなのではないかと
勘繰ってしまう」とため息交じりだ。

ヒグマに襲われたのか、
通りがかりの第三者に連れ去られたのか、
林で迷子になっているのか、
それとも…。

一刻も早い保護が待たれる。

PS

↓(写真)
田野岡大和くんが置き去りにされたとされる林道

*

>大和くんのにおいをかがせた警察犬が
全く反応せずに、
置き去り現場から動かない。
つまり大和くんがそこにいたにおいがないということ。

確かに、
警察犬というのは
においが残存している可能の強い
原則として「初動捜査」に限り
その役割が期待されるわけで

*
~参考~
〔青森県で嘱託警察犬が大活躍!
認知症の行方不明高齢者男性を見事に発見〕
(2015年11月3日 )
http://www.minnanokaigo.com/news/N89049524/
「10月8日に青森市の80代男性の行方が
わからなくなった際、
捜索届けが出された深夜には
居所がわかりませんでしたが、
翌日9日に嘱託警察犬の“大”が
強風と雨の中で空きアパートの2階にいた男性を発見、
無事に保護し、心配する家族のもとへ
送り届けることができました。」

*

田野岡大和くんのにおいが、
捜索中の雨等によって掻き消された
という可能性も視野に入れると
「初動捜査」の限界期間を超えている
可能性も考えられますが、

やはり、
目印の少ない林道だけに
父親本人ですらも
「田野岡大和くんが置き去りにした地点」
を特定するのは困難で、

>“置き去り現場”そのものが
記憶違いなのではないかと
勘繰ってしまう

というのは、
ある意味真実味があるのでは?

何かと、
今回の「置き去り」日時&現場とは
全く別の日に&別の地点で
父親等が関係した(虐待も含む)
故意or過失事件or事故によって
既に田野岡大和くんが亡くなっている
可能性も巷では噂されているものの、

当方には、
今回の「捜索対象現場」と
今回の「置き去り現場」とは
父親の記憶とはかなり乖離しており、
生存可能性も十分考えられるのでは?

補足~子どもの生命力も馬鹿にならない事例として~

〔平成最強ホームレス【洞窟オジさん】43年のサバイバル!! 〕
~加村一馬さんのケース~
http://matome.naver.jp/odai/2135787101959148801
昭和21年8月31日群馬県大間々町生まれ。
8人きょうだいの4男坊。
13歳で家出をし、
愛犬シロと足尾鉱山でヘビやカエルを食べ、生きる生活を選んだ。
以来、43年間、栃木、新潟、福島、山梨、茨城を転々としながら
人里離れた洞窟や山中のほら穴。
ときには川っぺりなどでサバイバル生活を送ってきた。
現在、インテリア内装業に就き、社会復帰を果たしている。



「向かったのは、幼いころに行った約25キロ北の足尾銅山。
鉱脈を探すために掘られた山頂付近の穴に住みついた。
持参した食料はすぐなくなり、
ヘビやカエル、カタツムリ、野ウサギを捕っては
焼いて食べる生活に変わった。」

田野岡大和くん,置き去り現場,手がかり,嘱託警察犬,におい,置き去り,警察犬

閲覧数:
2,432
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/6/310:27:19

東スポの三流記事と無駄に長い能書きは今となっては恥ずかしい産物だから、さっさと削除したらどうですか?

結局、素人が能書きたれても無意味がよく分かる例でした

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ohsarutaさん

2016/6/319:12:52

頑張ったね!

でも全部、君の望みとは違っていたね! ふふふ



こうした回答、面白いよ! 質問、削除した方がいいよ!

2016/6/210:10:54

ものすごく大量の資料による質問、回答のしようがないですね。警察犬が置き去り現場から動かないということは、そこで置き去りにしていない。小2児童はそこに居なかったということになりませんか?警察はもっと早く事件性を考え捜査するべきではないかと考えます。善意に大がかりな捜索ばかりやるのは必要ない。もし迷いこんでいたら、既に命が危なくなる日数が経過しています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。