ここから本文です

明治初期に行われた、廃仏稀釈とはどの様なことでしょううか。何方か教えて下さい。

matelujpさん

2008/4/1809:58:41

明治初期に行われた、廃仏稀釈とはどの様なことでしょううか。何方か教えて下さい。

閲覧数:
2,310
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tstsya15さん

2008/4/1814:41:45

元来日本の宗教は 仏教と神道が融合し思想として神佛習合・本地垂迹説を生み両者は表裏一体・不可分の関係にありました 従って鎌倉・鶴岡八幡宮や江ノ島神社なども 鶴岡八幡宮寺 江ノ島山輿願寺と称し 寺院と神社が共存していました 所が明治政府は 神道の神聖化を図る名目で 仏教との分離を目的として神仏分離令を発したのです それを拡大解釈した神職が中心となり 佛像や寺院の破壊が始まりついに 廃寺となったり壊され焼かれる仏像が続出しました そこまでの意図はなかったと言いますが政府が傍観したのは 確かな事です

質問した人からのコメント

2008/4/19 18:09:51

成功 良くわかりました。本当に有難う御座いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。