ここから本文です

失業保険をもらう、メリットとデメリットを教えてください。

mar********さん

2008/4/1910:49:03

失業保険をもらう、メリットとデメリットを教えてください。

閲覧数:
40,268
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sar********さん

2008/4/1912:17:00

○メリット
受給している間は、生活費を気にせずにすむ安心感はあります。
「一刻も早く就職しなければ・・・」と焦りる気持ちは、多少なりとて解消されます。
でも、それは受給期間中だけのこと何で、残りが僅かだと焦りだすので一緒かもしれません。

○デメリット
1度、失業保険をもらうと、受給資格を判断する期間がZEROに戻ってしまいます。
失業保険を1円もらわず、1年以内に再就職すれば期間が通算されていきます。
(求職の申込みをしたとしても、1度も認定日に行かない、再就職手当金を請求しない)

就職→失業保険をもらう→就職→失業保険をもらう→就職・・・・
これを繰り返していけば、期間はいっこうに長期になりません。

若いうちは、お金ももらえるしメリットのように思えますが、30代後半~になると
就職先もシビアになってきます。
このような状態で、リストラされたら、失業保険はたったの「90日」だけになってしまう
恐れがあります。(特定受給者)
家庭がある、家のローンがある等。。。若い頃のツケが回ってきます。
保険をもらわず、期間が通算されていたら、受給日数が大きく変わってきます。



余談ではありますが、特定受給者になると、待機期間がなく、受給日数が多くなる人もいますので、
自己都合退職なのに、特定受給者になろうとする人も多くいます。
前職場に確認が入りますし、ハローワークの判定もキビシクなっていると思われます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「失業保険 もらわない メリット」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ag5********さん

2008/4/1910:53:59

メリット:働かなくても前の仕事のときの給与の65%程度の収入が入る。
デメリット:離職後、3ヶ月は無職でなければならない。手続きが面倒。給付期間中は仕事できない。

※今は労働法が変わり、同じ会社で1年以上の勤務がないと保険は認められません。受給するより新しい勤め先を探したほうが
あなたのためです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる