ここから本文です

海外航空券の予約を姓名逆でしてしまいました。 約1週間後にトランスアジアを...

アバター

ID非公開さん

2016/6/1319:17:51

海外航空券の予約を姓名逆でしてしまいました。

約1週間後にトランスアジアを利用し台湾へ旅行する予定です。先日、某格安航空券予約サイト(A社)でトランスアジア航空の格安航空券を購入しました。

購入後に分かったのですが、姓名逆で予約していましました・…。

トランスアジアに問い合わせたところ、「姓名逆だと搭乗は難しいです。こちらでできることは何もありません。旅行会社に問い合わせてください。旅行会社でしか対応できません。とにかくこちらでは何もできません。」としか言われませんでした。
なのでA社に問い合わせたところ「キャンセルしてもう一度購入してくださいの」一点張りです。

キャンセルするとキャンセル料で購入した航空券代金と同じくらい取られてしまいます…。
事前には航空会社も旅行会社も上記のような対応ですが、実際に姓名逆の状態で搭乗手続きをすると本当に拒否されて搭乗できないのでしょうか?また搭乗できたとしても出入国に支障があるのでしょうか?

実際にはどうなのか?経験者にお聞きしたいです。

単純ミスでこんなことになるとは、胃が痛いです…。

閲覧数:
4,022
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gra********さん

2016/6/1319:55:36

これ、対応がその時その時で変わり得るんですよね。
つまり、経験者に聞いても意味ありません。


最終的には、相手国に入国できるかが最重要となるでしょう。
入国審査でNGとなると、利用した航空会社が送り返す義務を負いますので、その面倒を嫌って「最初から乗せない」となるんじゃないかと思います。
(もちろん、返送時の運賃は普通運賃に準じたもので後から請求されます)

で、入国できるかどうかは現地の入国審査官次第です。
見逃してくれたり、気付かなかったりすることもあるでしょう。

航空会社も同様で、気付かずにそのまま…というケースもゼロではありません。
(特に姓名逆程度の場合は。ただし、今回は漢字圏と言う事で厳しいかも)

一方、気が付いた以上はやはり「乗れません」となるのが一般的なルールです。
姓名が逆でも「登録した人物ではない」という判断を見なされ、航空券として成立しないことになりますから。


現時点であなたが出来ることは…おそらく2つ。

1つは簡単です。
そのまま自分も気が付かなかったことにして空港に向かいます。
運が良ければそのまま乗れるでしょうし、空港でアッサリ修正してもらえることもあります。
一方、場合によっては搭乗できず、旅行自体がパアになる可能性もあるでしょう。
ハイリスクハイリターンですね。

もう一つは旅行代理店と航空会社にゴネること。
ゴネると言っても強気に脅すのではなく、あくまでもミスを認めたうえでそれでも何とかして頂けないかとお願いすることです。

その結果、キャンセル料の割引に応じてもらえるかもしれませんし、場合によっては無償で変更してもらえる可能性もゼロではありません。
一方、「ダメなものはダメ。ルールで他の方へも同じ対応ですから」となる可能性もあるかもしれませんけどね。
(店頭での申し込みなら、代理店の係員が確認する義務はないのか等も言えるかもしれません。これがネットなら完全に自己責任ですが)

なお、この場合どうも「発券権限を持っているところ」にお願いするのがベストらしいです。
それが航空会社なのか(今回は違う可能性大)、あなたが申し込んだ代理店なのか、はたまたその代理店にチケットを卸した別の代理店なのかは不明ですので、そこを突きとめてお願いするのが良いと思います。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6818073.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414174404...

最後に、「本当に姓と名が逆になっているのか?それすらあなたの勘違いではないのか?」をもう一度確認しておきましょう。
あくまでも、パスポートと比べてどうかが全てですからね。

アバター

質問した人からのコメント

2016/6/15 11:40:34

冷静さを失った自分の代わりに考えて頂いたようでした。ありがとうございます。
戒めも込め航空券は買い直しました。痛い出費ですが一番確実な方法ですので。
ネット申し込みだったのですが、担当者は申込を見て姓名逆だとわかっているはずですよね…。まあ自分が悪いですね。
自分みたいな人たくさんいるのに高いキャンセル料や手数料を払わざるをえないシステムにも納得いきませんが…。
ありがとうございした。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

min********さん

2016/6/1503:30:20

旅行代理店で、購入なら、通常、その代理店がパスポートを、
確認するはずです。
台湾の場合、入国時に入管が、出国航空券を確認しないのです。
その代わり、航空会社の責任で、発券時、出国航空券を確認するのです。
帰りも同じ会社であれば、その場で済むでしょう。
その為、旅行代理店に、パスポート番号を要求するはずです。
その時点で、確認されてるはずです。
つまり、搭乗時にパスポートを確認して、違っていた場合、
その責任は、航空会社と代理店側に有ります。

入国に関しては、入管は、パスポートのみのチェックで
飛行機を降りれば、通常、そのまま入国です。

搭乗者名簿には、ローマ字で書かれますので、航空券にローマ字で
記入するのです。

入国カードに関しては、漢字の国ですから、全て漢字が基本です。
日本語が入ってもかまいません。
名前の読み方が違う為、ローマ字記入しますが、補助です。

日本の役人と違い、台湾の役人に、
重箱の隅をつつく様な事は、されたことが有りません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kle********さん

2016/6/1419:06:28

これさ、どこから行くのかわからないけど、トランスアジア使って成田-台北なら往復3万円前後、大阪-台北で往復2万円前後でしょ。
だったら自分の不注意でミスを犯したのだし、そのくらいの代償なら100%自己責任。勉強料としては相当安く済んでいると思うけどね。
ミスをごまかして渡航を試みても、ろくなことはないだろうね。キャンセルして、買い直しが解決策。極めて簡単。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる