ここから本文です

灰白質とは白質とどう違うのでしょうか?

boy********さん

2016/6/1320:50:23

灰白質とは白質とどう違うのでしょうか?

閲覧数:
3,621
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ghw********さん

2016/6/1322:22:13

「灰白質」は、中枢神経系の神経組織のうち、神経細胞の細胞体が存在している部位のことです。
これに対し、神経細胞体がなく、有髄神経線維ばかりの部位を「白質」と言います。

中枢神経系(脳と脊髄)の神経組織は、神経細胞とグリア細胞とによって構成されています。
グリア細胞は、どの部位にも普遍的に存在しています、一方、神経細胞に関しては、神経細胞体から伸びて張り巡らされている神経線維(軸索)は、どこでも普遍的に存在するものの、神経細胞体そのものが存在する部位は限られており、特定の部位に固まって存在する傾向があります。
この部位を灰白質と総称します。

神経細胞体の集まり方は、場所によって異なっているので、灰白質の形も様々です。
例えば、大脳や小脳ではその表面を薄く覆う様に存在している(皮質)。
これら皮質では、神経細胞体は層構造をなして並んでいます。

一方、間脳、脳幹、脊髄などでは、その表面には灰白質は存在せず、内部に、神経細胞体が多数の島状に分かれた灰白質のかたまりをつくります。
これらひとつひとつのかたまりを、神経核(しんけいかく)と呼ぶ。神経核は、ひとつひとつに固有の名称が存在し、特定の機能に関与している神経細胞が集まって存在する部位です。

灰白質、白質の名前の由来は、
新鮮な脳組織の断面を肉眼的に観察したとき、白質は明るく光るような白色をしているのに対し、灰白質は、白質よりも色が濃く、灰色がかって見えることによります。
これは、有髄神経線維のミエリン鞘の主成分として大量に存在しているコレステロール[要高次出典]やミエリンが白い色をしているためで、白質には、灰白質に比べて、有髄神経線維が多いからと考えられています。

以上ウェブ抜粋し編集したものです。

灰白質
http://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E7%81%B0%E7%99%BD%E8%B3%AA

白質
http://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E7%99%BD%E8%B3%AA

このカテゴリの回答受付中の質問

一覧を見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる