ここから本文です

個人事業主。青色申告。貸借対照表での原価償却費の書き方についてどうか教えて下...

mam********さん

2016/6/2017:50:21

個人事業主。青色申告。貸借対照表での原価償却費の書き方についてどうか教えて下さい。


店舗改装費120万円を10年償却(1年12万円)


貸借対照表での、原価償却費の書き方ですが、オープ

ンと同時に値が発生した場合、

資産の部【建物】
期首120万円 期末108万円、と書けばよろしいのでしょうか?

また、その翌年は
期首108万円、期末96万円といったように書けばよいのでしょうか?

指摘をうけ修正できず困っています。どうかご教授ください。

補足個人事業主の確定申告(青色)の貸借対照表に記入する建物について質問です。

建物は償却の基礎になる金額120万円。
定額方で耐用年10年、事業専用割合100%で年間12万円償却です。

この場合、貸借対照表の建物への記入は、初年度が期首120万円・期末108万円でよろしいでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ありません。

閲覧数:
671
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kag********さん

2016/6/2018:56:36

会計知識がないと素人では修正処理は難しいです。税務申告書だけでなく経理の決算帳簿類も当該項目は全て修正しなければいけませんので「税理士」に相談するか、直接「税務署」に行って申告書の修正を教えて貰えば良いと思います。
貸借対照表、損益計算書、減価償却費の計算書、及び決算書類(仕訳帳、総勘定元帳、残高試算表)を全て追加修正しなければなりません。


以上

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/6/2223:21:19

この辺で締めないと、変な回答ばかりで金額が出ていないから分からないでしょう。建物を物置と勘違いの回答が多いのです。ホームセンターで買い自分で組み立てて敷地にポンと置いた建物と思っているのです。建物と名が付けば登記が必要です。役所から調べも来ます。購入金額に登記料も加わります。それが固定資産の金額です。減価償却は取得金額を一括して損金経費に出来ないから、取得時の損金経費に計上できる金額の計算結果です、その分だけ損益計算書に計上出来るものです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

miz********さん

2016/6/2208:30:19

あまりにも不適切で虚偽の情報により、あえて質問者を陥れようとしているとしか思えない 有害なゴキブリ回答があるので コメントしておく。


>建物固定資産税の評価額を貸借対照表に計上すればいいのです。



大嘘。


>最終年度には貸借対照表の建物が1円になってしまいます。こんな無知、無能な回答を信じたら、貸借対照表の資産勘定はなくなってしまいます



固定資産の簿価の表示方法 は 質問者 の 様な表示方法も認められている。


>指摘をうけ修正できず困っています。

誰からの指摘なのだろうか? 税務署からの指摘と言うことであれば、キッチリとした指導・説明をしない署員は少々不親切な感じがする。

納税者に対して 正しい納税事務等についての情報提供を行うのは 税務署員の責務だ というのは、
最近は 意識としてかなり徹底されているはずなのだが。

他の解答者が 非常に懇切・丁寧な説明を加えた上で、言及しているが、申告書の記載方法等についての一般的な事項であれば 国税庁の電話相談の窓口でも親切に教えて貰えるので 、 最寄りの税務署へ電話してみる と 良いだろう。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

uzg********さん

2016/6/2023:54:39

ポイントをかいつまんでお伝えします。

建物の計上は、取得時からです。期首に取得したのでしたら期首に計上です。そうでなければ、期首に計上するのは間違いです。

減価償却費は月割りです。「オープンと同時に値が発生した場合」でオープン初年度でしたら、12万円かける「オープンの月から12月までの月数÷12」が減価償却費です。1月オープンなら満額の12万円です。2年目以降は、12万円と残存簿価とのいずれか小さい額が減価償却費です。

期末の建物の金額は、いままでの減価償却費を引いた残額で構いません。初年度でしたら、120万円から初年度の減価償却費を差し引いた残額です。

詳しくは税務署にお尋ねになるのがいいと思います。真摯に教えてもらえるものです。


なお、建物固定資産税の評価額は、資産の取得価額とは異なります(下記URL参照)。貸借対照表には建物の取得価額から減価償却費を差し引いた残額を計上する必要があります。そのため、建物固定資産税の評価額を計上してはなりません。
https://www.tabisland.ne.jp/explain/koteisis2/kot2_108.htm

「建物固定資産税の評価額を貸借対照表に計上すればいいのです。」との回答があるようですが出鱈目です。この回答者はあちこちで垂れ流していることで有名ですので、ご質問者さんにおかれてはお気を付けいただければと思います。


また、貸借対照表や損益計算書も決算書類の一部です(下記URL参照)。
http://www.kyousinkai.jp/kojinkessan.htm

「貸借対照表、損益計算書、減価償却費の計算書、及び決算書類(仕訳帳、総勘定元帳、残高試算表)」との回答があるようですが出鱈目です。この回答者もあちこちで垂れ流していることで有名ですので、ご質問者さんにおかれてはお気を付けいただければと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ken********さん

2016/6/2017:53:30

減価償却費は損益計算書の項目であって、貸借対照表の項目ではありません。

あなたが質問したい事はなんとなく分かりますが、文章だけで伝えるには基本すら理解できていないと思われる、あなたの知識では困難と思われます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる