ここから本文です

郵便配達 道順組み立て(基本動作)

ioo********さん

2016/6/2211:59:46

郵便配達 道順組み立て(基本動作)

道順組み立てをする際、区分口から大型を先に道順し小型を道順すると思いますが…
私のやり方は、大型を道順。大型を組んだらファイバーケースに入れ、小型を道順。手区分から組み立て、後から機械をはせます。
組み立てが出来たら、輪ゴムをせずに区分に返します。

基本動作は、間違ってますか?

閲覧数:
5,144
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wag********さん

2016/6/2420:28:11

たまたま近くに同業者がいたので聞いてきました。
彼は質問者さまと同じで輪ゴムせずに区分に返すそうです。
理由は「誤区分郵便が出たとき組み入れられるように」とのこと。
出発時に把捉して鞄に入れるそうです。

自分は輪ゴムで把捉してファイバーに並べていきます。誤区分が出たらその都度輪ゴムを解いて入れるか、同じ束に浅めに刺します。
理由は「出るかどうかわからない誤区分のために待つのは時間がもったいない。組みあがったらすぐ出発したい」からです。

どちらも基本動作の範囲内の作業工程だと思います。
選挙大変ですが頑張ってください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる