ここから本文です

犯罪の幇助について

fec********さん

2016/6/2510:54:47

犯罪の幇助について

ネットで明らかに犯罪の仕方、例えば自動販売機からの商品窃盗方法などを公開しているサイトがありますが、これらのサイトの管理者は犯罪(窃盗)幇助・教唆罪で逮捕されないのでしょうか?

また、情報商材のアフィリエイトをしていて、自分のアフィリエイトで宣伝して購入された商品が完全に詐欺商品で、情報商材の作成者が詐欺で逮捕された場合、アフィリエイトをしていた人物も詐欺罪の幇助・教唆罪で逮捕されますか?

閲覧数:
187
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

幸福賢者さん

2016/6/2511:58:17

逮捕される可能性は低いと思います。
なぜなら、その紹介や宣伝が犯罪に幇助する意図があったのかを証明する方法がないからです。
もしかしたら、自販機の窃盗法を紹介することで、運営者に注意を促す意図があったのかもしれません。
商品を紹介した人は、それを本当に良い物だと思い込んでいたのかもしれません。
誰も彼も悪意と判断していたら、日産の自動車を売ったディーラーまで逮捕されてしまいますよ。

  • 質問者

    fec********さん

    2016/6/2512:08:44

    masternuko様

    回答いただきありがとうございます。お詳しそうなので、もう少し教えていただきたいのですが、例えば、オンラインカジノのアフィリエイトなどの場合も、その紹介や宣伝が犯罪に幇助する意図があったのかを証明する方法がないと考えられますでしょうか。
    オンラインカジノは海外のサーバーで運営されていることから、胴元が国内にいないため、今まではグレーという印象でしたが、今年の3月に国内からの利用者が逮捕されて、利用するだけでも黒という状況になったようですが、今年の3月に逮捕者が出る前に、「法律的に問題ない」と考えてアフィリエイトで宣伝を行い、実際に集客や勧誘に成功していて、逮捕者が出たあとに、法的な問題があると気付き、アフィ報酬も辞退して、サイトもすべて辞めた場合でも、後々、逮捕される可能性は高いでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2016/6/2700:26:46

最初の質問に関しては、公開しただけでは逮捕されません。
しかし、記載内容に犯罪を助長するような表現があれば、
警察から事情聴取され、場合によっては逮捕される可能性があります。

アフィリエイトに関しては、善意の第三者であるかどうかが、
有罪かどうかの判断基準になります。
アフィリエイターも、詐欺の内容を信じて紹介したのであれば、
善意の第三者として、罪には問われません。
しかし、詐欺である事を知った上で、宣伝を行なえば、
共犯者もしくは、幇助者と見なされます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる