ここから本文です

「トッカン」という小説を読んでから、国税専門官になるのが目標になりました。 ...

アバター

ID非公開さん

2016/6/2522:29:19

「トッカン」という小説を読んでから、国税専門官になるのが目標になりました。

いま私は高校三年生なのですが恥ずかしながら、まだ進路がハッキリ決まっていません。

親には「公務員になりたい」と言っており、キャンパスの雰囲気と卒業生で国税専門官がいることから
近畿大学に受験するつもりで勉強していました。

ですがやはり私大はお金がかなりかかるために、専門学校ではだめなのかと思い始めました。
今まで大学のことばかり調べてきたので専門学校の実績や評判がわかりません。

国家公務員や国税専門官などの公務員はやはり大学をでたほうがいいのでしょうか?
それとも専門学校でしょうか?
(大学と専門学校の二つを通うことは経済的に無理です)

閲覧数:
241
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sakipapa80さん

2016/6/3022:00:21

国家公務員高卒程度試験は昨日で受け付けが終了しましたがこの試験の合格者から国税局に採用される人も多いです!
高卒程度は卒業後2年までしか受けられませんが大卒で受けるより受かりやすいと思います。
公務員は合格=採用ではありませんから高得点で合格する必要がありますが、高卒程度なら独学の人も多いですし通信教育で受かる人もおりますよ。

ご参照
国家公務員採用一般試験(高卒程度)受付終了

http://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/jyukennannnai/jyukennannnai_kous...

試験問題例(クリックするとみられます)

http://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/mondairei/mondairei_16.htm


http://www.jitsumu.co.jp/gokaku_navi/exam/ippan_k/

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/6/3014:58:31

トッカン、おもしろいですよね。
3巻まで読みましたが非常にコミカルで楽しい小説でした。

国税に関して言えば、
高卒の方もたくさんいますし、
大学でも専門学校でも
どちらでも良いと思います。

また国税は過去問が非常に多いので、
独学でも合格することは可能です。
(私も友人も独学で筆記試験を通過しました。
独学なら「スーパー過去問」がおすすめです。)

もしも独学が可能であれば、
(=自分を律する力があるかどうか)
そして金銭面で折り合いがつくならば、
大学へ行くことを一応おすすめいたします。

大学生活は
かけがえのないものを得られる機会が
たくさん転がっています。
将来ももちろん大切ですが、
大学でしか得られないものもありますので、
独学をする覚悟があるならば、
大学進学をおすすめいたします。
(進学の場合は、会計学、経済学、経営学、法学など、
試験に応用できる分野について
何かしら学べる学部が良いと思います。)

ただし、これはあくまで国税を受験する上での話です。
国家公務員、特に総合職であれば、
専門学校で専門の先生の教えを受けることが
重用になってくるかもしれません。

また、国税ならば必ずしも大学へ行く必要はないと思いますので、
繰り返しますが、質問者様が良いと思われる方に行けば良いと思います。

2016/6/2817:05:47

だったら公立に行くべき。
公立大学なら予備校行く余裕くらいできるし、環境がやはり違う、公立は難しくて入れないとか思うならその程度の気持ちだと思いますし、国家公務員一般職には受かりません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kfzkfzkfzkfzさん

2016/6/2523:41:20

専門学校などただの予備校です。
高校3年次で高卒見込として受験するか、大学4年次で大卒見込として受験するかです。
あなたが高校枠で受験する準備をしていなかったのだから、大学進学して大卒枠で受験すべきです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。