ここから本文です

水素と酸素を化合させて、爆発が起きて水が発生する、という化学反応式は、

fum********さん

2016/6/2619:54:52

水素と酸素を化合させて、爆発が起きて水が発生する、という化学反応式は、

2H2+O2→2H2O
ですよね?
そこで疑問に思ったのですけど、燃料電池自動車は水素と酸素を化合させると電気エネルギーができ、それでモーターを回して走るのですよね?ということは、水素と酸素を化合させると、水と電気ができるということですか?中2の理科では、水ができるとしかやりませんでした。このことは、水を電気分解することとも関係するのですか??
できるだけ早く教えてください!!!!

閲覧数:
7,172
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yah********さん

2016/6/2620:26:36

2H2+O2→2H2O
ですよね?
そのとおり。

それでモーターを回して走るのですよね?
そのとおり。

水素と酸素を化合させると、水と電気ができるということですか?
そのとおり。

このことは、水を電気分解することとも関係するのですか??
関係します。
簡単に言えば、水に電気エネルギーを与えて、水素と酸素になります。
それを燃やすと。水に戻るわけですが、与えた電気エネルギーと同じエネルギーを回収できるはずです。そのエネルギーは、電気と熱です。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mam********さん

2016/6/2822:12:25

水素を酸素と混合し燃焼させても電気エネルギーは発生しません。できるのは熱エネルギーです。
いわば
”水素と酸素の混合気体を燃焼させた燃えカスが水”
ともいえるでしょう。
ですから水ができると教えられたとしても問題ないでしょう。

水の電気分解は、電気エネルギーを加えることで水素イオンと酸素イオンに分解しているのですから
それを逆にするなら水に水素イオンと酸素イオンを溶け込ませ結合させることで電気エネルギーを得るということになりますね。
その理屈の中に燃焼という言葉はでてこないのですから関係ないということになります。
(燃焼と電気分解の逆反応は別の現象として考えるべき内容だと思います。)

しかしながら
化学式で書くと2H2+O2→2H2Oとなる点では同じですので
水を作る反応としては関係あるとは思います。

ele********さん

2016/6/2620:12:39

色々と前提条件が酷いのでなんとも返答に困りますが、示された反応式は原子しか記していません。
中学の理科では電子まで説明する必要がないので省いていますが、原子の周りには電子が存在していています。

電子が移動することによって電流が発生します。

ですがまぁ、細かく説明してもおそらく理解出来ないでしょうから結論から述べますと水素と酸素を反応させれば電位差が発生するので、電流が生まれます。

電気自動車が走っている仕組みを凄まじく大雑把に化学式で説明するならこうです。

H2→2H(+)+2e(-)

2H(+)+2e(-)+1/2O2→H2O

このeというのが電子で、()で示したのが負電荷と正電荷です。
この電荷の移動さえ起こせるなら、別に塩酸とナトリウムで塩作りながらだってモノは動きます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる