ここから本文です

『社会的責任と刑罰の適正化の関係』 『十両盗めば首が飛ぶ』と言われていた...

sof********さん

2016/7/117:12:51

『社会的責任と刑罰の適正化の関係』


『十両盗めば首が飛ぶ』と言われていたように、日本でも窃盗罪に死刑を適用していた刑罰史があるところ、その当時から比べれば、 今の刑罰は『甘くなった』と言えます。


これに対しては、ある死刑賛成派から「甘くなったのではなく、適正化してきたのだ!」というご指摘を受けました。


では、何が『適正化なのか?』


①まず、不可抗力による被害を犯罪対象から除外し、結果責任主義から故意や過失を求める有責責任主義へと変わってきました。


②また、過失の器物損壊や過失の窃盗などは民事的な損害賠償責任を負うことはかくべつ、犯罪対象からは除外し、過失は重大な結果についてだけ処罰することとしました。


③そして、素質と環境が人格形成と犯行に影響を与えることを認め、情状酌量(被害者の落ち度だけでなく、生育歴や行為時環境、さらには知能や各種の障害)がある場合には減軽し、情状酌量がなくても同害報復的な刑罰を科すことはやめました。


他にも学問的に細かく細分すればありますが、本件とは直接関係ないので。


さて、とくに③を見ていただきたいのですが、私たちは、素質と環境(社会や家庭などの生活環境)が犯罪行為に影響を与えることを認め、刑罰を『適正化』してきたのです。


その結果、同害報復的なことをやめ、情状酌量を認め、残虐な刑罰を廃止し、18歳未満への死刑適用を放棄し、死刑も限定してきたのです。


だとすれば、社会的責任を理由に、死刑を全面的に廃止することをためらう必要はありません。違和感を感じることもありません。実際にやってきているのですから。


ご意見をお願い致します。

補足tm526070さんへ


的確なご回答ありがとうございます。


しかし、あなた様のご意見と私のご意見を総合するとき、厳罰化するにせよ死刑を廃止するにせよ、社会的情勢すなわち社会的責任の認識程度が、関係してくるということですよね。


刑罰制度や犯罪現象を考えるとき、社会的責任は関係ないと言う方が、おかしいのですよ。

閲覧数:
86
回答数:
10
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tm5********さん

2016/7/118:55:24

少年犯罪や飲酒、危険運転などの厳罰化も適正化ですね。
何も軽くする方向だけが適正化ではありませんが?

刑罰が時と場所による時価であることは事実ですが、
今の日本では死刑を廃止する相場では無く、
裁判員裁判の傾向から分かるように厳罰化が相場の流れです。

質問した人からのコメント

2016/7/5 12:08:32

降参 ご回答ありがとうございました。


何も私は、『軽くすることが適正化だ!』と言っているわけではありません。


補足で述べた通りです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jtb********さん

2016/7/223:48:11

もう一つこんばはです。

カササギさんの「擁護する対象があまりにもひどすぎるから」は心からの悲痛や苦痛などを感じ取れます。
これはangeliaさんの論調にも時折り見られる、納得でき得ない[不条理]とされる言わば[感情]でしょう。感情論とて生物学的、または人類学的に理論が成り立ち、それは否定すべきではない処です。

soft氏が補足で仰る通り、唯一適切と捉えられる回答がtm526070さん。
しかしながら[適正化]を是として「厳罰化が相場」や、angeliaさんがよく言われる「多くの人が」などは言わば、多数に賛同という形で己の意志が暈されているという多数決論と言えます。
もちろん多数決論とて、これまた生物学的、または人類学的に否定すべきではない処です。

前者が最も難しいところと捉えていますが、後者は人ですから他種生物に無いものがあります。[適正化]が指し示す処が現行法であっても必ずしも民意ではないとことは確かなことで、またそれを[狭所]の相場や多数決に依存することなく考え続ければなりません。

gok********さん

2016/7/217:40:03

その適正化ってのには、民意の反映ってのがあるんじゃないですか。
民意を無視しての適正化ってのがあり得ないと思いますが。
死刑存置が民意なんだから、その適正化を根拠にあなたが設定した③に基づき死刑を廃止しろというのは本末転倒のおかしな主張だと思いますけど。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sam********さん

2016/7/212:35:36

全て貴方の創った話です
単なる貴方個人の推測であり根拠がない

さも既成事実かのような言い方をするのは止めた方が良いです

gun********さん

2016/7/204:22:09

○社会的責任を理由に、死刑を全面的に廃止することをためらう必要はありません

●貴方がそう思うのは自由だけど…

社会的責任を理由に情状酌量されて死刑を「回避」する理由になっても、
死刑を「廃止」する理由にはなり得ないって事

kas********さん

2016/7/200:36:10

こうして考えると、人間ってすごいと思う。ここまで絞っても死刑がなくならないのだから、どんだけ人間って犯罪をしたがる生物なんだろうな?
ソフト氏の言うように、死刑を適応させたくないなら、使用範囲を限定するだけじゃ絶対に無理だろう。極端な話「道端にあるお地蔵様を持ち上げる」という行為だけに死刑を適応させたとしても、きっと誰かがやらかすだろう。
どれだけ限定してもそれをやらかす人間ってのは絶対にいる。もはや死刑をなくすしか方法がないというのも、悲しいを通り越して滑稽な話だ。

そして、こんな愚か者を擁護しなければならない死刑廃止派というのは気の毒な存在であると言わざるを得ない。そりゃ理論もめちゃくちゃになるわけだ。これは死刑廃止派が悪いわけではない。ソフト氏が悪いわけでもない。擁護する対象があまりにもひどすぎるから、こうならざるを得ないのだ。
死刑賛成派だって、無実の者を死刑にしようとすれば、当然理論がめちゃくちゃになるだろう。それと同じことだ。

今回のソフト氏の意見は、僕にこの真理を気付かせてくれたという意味では大変有意義であったと言える。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる