ここから本文です

芥川賞の質が

masuzoe_youichi_tolyoさん

2016/7/1922:12:44

芥川賞の質が

落ちてないか

<直木賞>荻原浩さんの「海の見える理 髪店」が受賞 芥川賞は村田沙耶香さん の「コンビニ人間」 まんたんウェブ 7月19日 19時19分配信

第155回芥川龍之介賞 (以下、芥川賞)と直 木三十五賞(以下、直 木賞)が19日、発表さ れ、芥川賞は村田沙耶 香(むらた・さやか) さんの「コンビニ人 間」(文學界6月号)、 直木賞は荻原浩(おぎ わら・ひろし)さんの 「海の見える理髪店」 (集英社)が受賞した。

【写真】前回は…この人たちが受賞

荻原さんは、1956年6月30日生まれ、埼玉県 出身。成城大学経済学部卒業。広告制作会社勤 務、フリーのコピーライターを経て、97年「オ ロロ畑でつかまえて」で第10回小説すばる新人 賞を受賞しデビュー。2004年刊「明日の記憶」 で第18回山本周五郎賞受賞。05年刊「あの日に ドライブ」で第134回直木賞候補。06年刊「四 度目の氷河期」で第136回直木賞候補。08年刊 「愛しの座敷わらし」で第139回直木賞候補。 10年刊「砂の王国」で第144回直木賞候補。14 年刊「二千七百の夏と冬」で第5回山田風太郎 賞受賞。直木賞候補は今回が5度目。

村田さんは、1979年8月14日生まれ、千葉県 出身。玉川大学文学部芸術文化コース卒。2003 年「授乳」で第46回群像新人文学賞優秀作を受 賞してデビュー。08年に出版した「ギンイロノ ウタ」で第31回野間文芸新人賞、12年刊の「し ろいろの街の、その骨の体温の」で第26回三島 由紀夫賞を受賞。芥川賞は初ノミネート。

ギンイロノ ウタ,芥川賞,村田沙耶香,荻原浩,直木賞,羽田圭介,文学界

閲覧数:
769
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

raynarbissさん

編集あり2016/7/2312:32:03

まずドラマカテではない質問です。他に適当なカテがあるでしょ?文学とか?


そして長い質問から何を読みとれと?質が落ちたのはいつ頃からで、いつまでなら質が落ちていないのか?ただ単に受賞者の経歴をコピぺしただけですよね?これで内容や質をどう判断しろと?まさか今回の受賞作品を読まずに過去の受賞歴だけで判断しているのでしょうか?


そもそも写真の二人は【今回】の受賞者です。


もし質問者さまが作品を読まれた上でのご質問ならば、作者の経歴を乗せる必要はないはず。「私はこう感じましたが皆さんはどう?」くらいの質問で良いのでは?


読んでいない、あるいは質が落ちたのかどうかがわからないので質問をしたのなら、もっと違った形の質問文になるはず。「自分は読まないのですが芥川賞に選ばれる作品というのは面白いのですか?」みたいな。その場合の回答は「読め!!そして自分で判断しろ」しか有り得ませんけどね。


私は文学はからっきしですが、以上の事が大変気になった次第です。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jansjpln0745さん

2016/7/2308:27:27

・群像新人文学賞優秀作
・野間文芸新人賞
・三島 由紀夫賞
を受賞してて
コンビニバイトなの???
小説終わってんな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

svjpqncさん

2016/7/2307:56:18

私も残虐超人だが、

直木賞はエエのか。
何なの、記事丸々貼って?
直木賞芥川賞どころか本なんか読んでないの丸わかり。教科書さえも。
そのクセチンチンは丸出し♡

【写真】前回は…この人たちが受賞?

もぉお前が芥川賞、ってゆうか他人さまの質(が落ちてないかあ?涙目)
などと語るな。

何か知らんが何か文学界の最高峰の賞ォ!\(^o^)/みたいに
(勝手に)扱っとるモンがおるけど、
単なる新人賞レベルの、っちゃなモンやから、第一質が落ちとるとか
そんなモンやない。

いつやったら(質とやらが♡)落ちてなかったと言うのか(間違いなく
答えられまい・・・苦笑)。

何なの、線香医院とかわけのわからんこと書いて?


土用丑の日

kouhakuaiさん

編集あり2016/7/2114:39:01

羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」が選ばれました。高校3年生で作家デビュー、4回目の候補で受賞を果たした羽田さんの会見の全文を掲載します。
Q:受賞の感想は

まず何が起こったか分からない感じがありまして、もう4回目の候補で、1年前に候補になったばかりなので、いろんな事に慣れすぎてて、受かっても落ちても感情は変わらないかと思ってたんですけど、受賞したのは初めてだったので、こんなに高揚感があるのかと。予想外な高揚感に驚いています。
前にも芥川賞は3回落ちて、野間文芸新人賞が2回落ちて、大藪春彦賞は1回落ちて。デビューしたのは、河出書房新社の文芸賞という素人がプロになるための賞は受賞してプロになったが、プロが書いた作品の中から選ばれる、プロが書いてプロに選考される賞は6回全部落ちてたので、プロに選んでもらう賞で受賞できたのがまずとてもうれしい。
(後略)

その後、バラエティーで、大活躍の羽田さん。さらに、純文学の書き手自体が少ないから、実は順番待ちだったと、ぶっちゃけ。待っている作家より話題性があり、コンビニというテーマがタイアップしやすいから受賞だろう。ちなみに、芥川賞を主催する日本文学振興会の「人生に、文学を」プロジェクトに、ファミリーマートを傘下に持つ伊藤忠が賛同している。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2016/7/2114:19:07

素人に「質」は語れない。

2016/7/2113:46:51

両賞の発表の度に、「賞の権威が失われた」とか「販促の為の賞だ」とかの感想が質問されます。
どうでもいいですが、私は未読なので既読の人の感想を聞きたいです。
特に、荻原さんの作品は、アマゾンでおすすめされ、ちょっと気になったけど、癒しに溢れた話は読みたい気持ではなかったので、その時は購入しませんでした。
良い作品ではなっかたですか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。