ここから本文です

進化論や弱肉強食で考えれば、複眼を持つ生物よりレンズ目を持つ生物の方が上位だ...

mab********さん

2016/7/2312:54:07

進化論や弱肉強食で考えれば、複眼を持つ生物よりレンズ目を持つ生物の方が上位だと思えるのですが、複眼という危険察知能力を持つ生物が下位になる理由は何なのでしょうか。

{補足}生物の「大きさ」なのかな、と思いましたが、海外には日本では見ないデカイ昆虫もいますので、悩んでます。

閲覧数:
617
回答数:
10
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pir********さん

2016/7/2514:58:32

複眼は視野が広く、広範囲の危険を察知する力に優れていますが、では、「複眼の虫」と「レンズ目の動物や鳥」で、どちらの方が捕まえやすいかといえば、圧倒的に虫の方が捕まえやすいでしょう。

つまり、仮に、「危険察知能力」において、複眼の方がレンズ目より優れていたとしても、「危険回避能力」においては、複眼生物よりレンズ目生物の方が優れているということです。
複眼は視野が広いだけで、そのほかの能力はレンズ目生物の方がほとんど上回っているからです。

複眼生物とレンズ目生物の差は、そのまま「節足動物(複眼)と脊椎動物(レンズ目)」の差といって差し支えないと思いますが、体格、運動能力、知能など、その能力の差は言うまでもないでしょう。
両者の地位の差は、目だけでなく、他の要素も含めたトータルの差による結果ということだと思います。

ところで、目だけ比べても、複眼は視野が広いとはいえ、危険察知能力でレンズ目を上回るかは疑問です。
複眼はピント調整ができないので、常にピンボケの状態でぼやけた輪郭しか認識できないでしょう。
そうなると、遠方に離れるほど相手の形を認識するのが難しくなるし、近くの物でも、動かない相手を識別することはできないでしょう。
つまり、複眼の危険察知能力は、至近距離の動く相手にだけ有効ということです。

レンズ目の鳥や草食動物などは、シチュエーションによっては、数百メートル遠方に現れた天敵に対しても、その形を認識して警戒することが可能ですが、虫など複眼生物は同じことができません。
これは知能によるものではなく、目の構造によるものです。
ピンボケカメラで遠くのものを覗いてみれば、その理由は一目瞭然です。
結果、危険察知能力においても、レンズ目の方が優れているという解釈もできます。

以上、断片的ではありますが、参考になれば。

  • pir********さん

    2016/7/2515:42:29

    ついでなので、「どうして進化の過程で、複眼よりレンズ目を選んだのでしょうか。」について。

    主に、レンズ目=脊椎動物、複眼=節足動物ですが、節足動物から脊椎動物に進化したのではなく、まだ目のない段階で共通の祖先から枝分かれし、それぞれ別のグループで独自の目の形に進化したと考えられています。

    つまり、レンズ目は脊椎動物の究極の形で、複眼は節足動物の究極の形とも言えるでしょう。
    どちらを選んだのではなく、それぞれ、最初からその(方向の)形だったということです。

    節足動物は固い殻の制約で、ピント調整も目玉を動かすこともできないし、後ろを振り向く角度も限られるので、多数の目を並べることで相手との距離感を計り、背後にも視界を広げたと考えられます。

    一方、レンズ目は距離感を出せる最低の個数(2個)の目玉で、危険察知については、首を回したり、群れで周囲を監視するなどの方法を進化させて対応してきた傾向があります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/7/29 20:33:45

ベストアンサーは質問の意味を汲んで回答くださったpiro_popo様へ差し上げます。

皆さま、回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuu********さん

2016/7/2800:21:26

上位というより機能的に優れているということなんだろうと思います。
そしてその機能とは、目ではなく主に頭脳なんでしょうね。 目では処理できませんので。 複眼で頭脳が同じなら、もしかするとそちらの方が優れるかもです。 まぁ今の複眼って実際はボヤケて見えてるのかもしれないので、そもそもダメなのかも知れないですが。

txr********さん

2016/7/2615:25:30

>複眼を持つ生物よりレンズ目を持つ生物の方が上位だと思えるのですが

進化論にそんな考えはありません。

進化は「環境に適応したものが生き残る」ことが重要であって、複眼か単眼かは関係ない。

roo********さん

2016/7/2600:22:12

質問の上位下位が生態ピラミッドの消費者の階層の話であれば、被捕食者が低くなるからです。複眼を持っているのは節足動物だけで、これらは外骨格によって体の形を維持しています。外骨格は体の表面を硬くすることが出来ますが、一定以上の大きさを持つことが出来ません(自重で潰れてしまう)。単純に小さい物より大きい物の方が捕食されにくいため、生態的地位の上位を占めることが出来ないのです。
海外には巨大な昆虫もいますが、あくまで昆虫としては巨大であるというだけなんですよね。内骨格性の方が体を大きくできるので、その”巨大”な昆虫より大きな捕食者が存在しますから、高位の消費者の階層に位置出来ないんですよ。

ちなみに、進化論では生物に上位下位(上等下等)といった概念は存在しません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

h_e********さん

2016/7/2519:26:28

あなたの言う上位、下位とは誰がどういう基準で判断したことなのだろう。
こういう客観的な判断基準で判断すると、こちらの生物のほうがあちらの生物より進化しているとか、高等だということは言えるかもしれないが、別の客観的基準ではひっくり返るかもしれない。ましてや、これという判断基準なしに、漠然とした感想で上下を決め付けないで欲しい、「進化論や弱肉強食で考えれば」では説明になっていないし、おそらく間違った理解をしている。そもそも弱肉強食は文学的言葉のアヤであって生物学の概念ではない。哺乳類はあるひとつの方向の進化の極北だけれど、複眼をもつ動物の昆虫だって別の方向の進化の究極で、進化論的にどっちが上とか下とかの判断の外にある。

ain********さん

2016/7/2506:45:47

レンズ目、カメラ眼とも言いますよね。
カメラ眼が最も完成度高い照準持ってるからじゃないですかね?
正確な情報を得る者が、いつの世でも勝者じゃないでしょうか…

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる