ここから本文です

確定拠出型年金と退職金について 近年、多くの企業が退職金制度から確定拠出型年...

so_********さん

2016/7/2823:33:50

確定拠出型年金と退職金について
近年、多くの企業が退職金制度から確定拠出型年金へ移行しているようです。
初めて勤めた会社は入社後2年くらいで確定拠出型年金に移行しました。

その会社は3年6か月くらいで退職をしたのですが、そこで一つ目の疑問が生まれました。
制度が切り替わったので、最初の2年間分は退職金、後の1年6か月分は確定拠出で次の会社に繰り越されたのですが金額は以下の通りです。
退職金30万円、確定拠出8万円
この数字を見ると明らかにもらった時点では確定拠出の方が低く、さらに手数料等で掛け金よりも下回った金額になっています。
さらに現在の会社は毎月5,000円の確定拠出が支給されていますが、これを退職金だった場合、
20年間働いたとして5,000×12か月×20年=120万円
20年間働いて120万円しか退職金が出ないのは退職金時代では考えられない状態だと感じてしまいます。
退職金がでない会社もあるので贅沢だということもありますが、確定拠出に移行している理由は会社が退職金という大きな支出を減らすためであり、確定拠出という制度に変えることで従業員にわかりづらくして反感を覚えさせないようにしているのではないでしょうか?
手数料は1か月の掛け金の割には高額なので、現在も掛け金よりも評価額の方が低い状態です。
確定拠出の制度について理解を全然しておらず運用が下手なだけで、実は確定拠出の方がメリットは大きいということも考えられますが思い当たる大きなメリットは見つかりません。
日本の景気が良くなれば昔の退職金制度時代より金額はもらえるから我慢の時なのか、それとも現代の経済状況だと以前のように退職金を支払うことができないのでその救援策で移行されたのか、ご存知の方がいれば教えていただければ幸いです。

閲覧数:
7,622
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

山中伸枝さんの画像

専門家

山中伸枝さん

2016/7/2907:42:02

確定拠出年金相談ねっとを主宰しておりますファイナンシャルプランナーの山中伸枝です

退職された会社の制度が実際どうだったのかは会社のルールなのでなんとも言えません

一部退職一時金を残した併用の制度設計であれば確定拠出年金の拠出分が少ないのも理解できます
しかし会社の制度が分からない限りここは推測するしかありません

さらに確定拠出年金の掛金は役職等により上昇する会社が多いです
従って単純に5,000円の20年で計算しても本来の退職金額にならないのではないかと思います
加えてある程度の利回りを想定して掛金を算出している会社もありそれも会社のルールです
きっと制度導入の際に説明会があったかと思うのですが記憶はありませんか?

手数料という言葉をお使いになっていますが、企業型であれば運営にかかる費用はすべて会社が負担しています
従ってリスクをまったくとりたくないという方であれば定期預金など元本確保型で運用すれば手数料負担もありませんし元本が割れることもありません

信託報酬の高い投資信託を選び、さらにその評価が下がっているような状況にあるとすれば、それは会社のせいではなくご本人の商品選択とマーケットの現状が悪いためです

確定拠出年金は財産権が会社からしっかり分離されていたり、退職所得控除を計算する際のポータビリティが確保されていたりとやはり現代においては優れた制度だと考えます

もう少し制度のことを理解され、積極的に活用される方がご自身のためになるのではないかと思います

  • 質問者

    so_********さん

    2016/7/2923:34:02

    yc_ogweh様
    回答していただきましてありがとうございます。
    >説明会があったかと思うのですが記憶はありませんか?
    こちらについては説明会はなかったですが資料を読んでわからないことを聞いてくださいというもので質問をしなかった私も落ち度がありますが、世間一般であまりどのような制度か周知されていないのが現状だと思います。自分の将来のことですから自己責任ですね
    >手数料
    実際は5000+手数料分が支払われていました
    >それは会社のせいではなくご本人の商品選択とマーケットの現状が悪いためです
    選択の際には極端な増益はないが、安定した商品という解説のものを選んでいます。こちらは世の中のマーケットの良し悪しで左右されるということでしょうか。
    >ポータビリティが確保されていたり
    ポータビリティというのは具体的にはどのようなメリットなのでしょうか?
    長文での質問になり恐縮ですがご教授いただければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

山中伸枝さんの画像

山中伸枝

ファイナンシャルプランナー

年金・資産運用に強い独立系ファイナンシャルプランナー

◆一番の強み 確定拠出年金相談ねっとを主宰しております 確定拠出年金は、節税しながら自分年金が作れるとても優れた制度ですが、加入者の方があるいは加入したいと思っている方が気軽に相談できる窓口がありません そこで、確定拠出年金に関するお悩みを解決す...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

「確定拠出年金」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aeo********さん

2016/7/3108:27:54

明らかになろう!!!

プロフィール画像

カテゴリマスター

ion********さん

2016/7/2907:36:18

確定拠出年金はあなたや会社が拠出する金額が決まっていて、それを運用してあなたが受け取るものです。

受け取る金額は運用方法によって増える場合もあれば減る場合もあります。

>思い当たる大きなメリットは見つかりません。

メリットは主に会社側にあります。確定給付年金だと会社業績が悪くなっても一定額を払わなくてはいけません。しかも一生の間。退職者が増えるほど会社は大変です。
確定拠出ならその年度で処理できます。

cad********さん

2016/7/2905:54:11

>現在の会社は毎月5,000円の確定拠出

普通は役職があがるごとに掛金が上がりますよね?あなたのように若くして退職する人が多いので若いうちは掛金を低くしている会社が多いです。

会社支給の退職金は退職理由や在職年数で掛け率をかけて減額しますが、確定拠出はそれができないので掛金を低く抑えて調整してあります。


また確定拠出は運用による収益を雪だるま式に増やす形なので掛金×月数ではありません。

tik********さん

2016/7/2823:39:21

明らかになろう!!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる