ここから本文です

下関市の赤間神宮で 耳なし芳一が祀られている 理由を教えてください

oki********さん

2016/8/121:11:57

下関市の赤間神宮で
耳なし芳一が祀られている
理由を教えてください

閲覧数:
210
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2016/8/207:24:14

耳なし芳一の怪談話、芳一は平家物語を琵琶で弾くのが上手くて、平家の亡霊に夜な夜な呼ばれて平家物語を歌わされます。


赤間神宮は安徳天皇を祀る神宮で、安徳天皇は壇ノ浦の戦いで海に飛び込んで亡くなりました。と言ってもまだ子供だったので、「海の中にも極楽はあります」と祖母に抱かれ海に入りました。


安徳天皇の祖父は平清盛、つまり平家の人間です。


赤間神宮があるところには元々、阿弥陀寺というお寺があって、芳一はその阿弥陀寺の琵琶法師という設定です。

  • 質問者

    oki********さん

    2016/8/308:19:31

    ありがとうございます!
    自分でも調べたら、
    そうでした(三3三)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる