ここから本文です

交通事故の示談交渉成立で保険会社から送られてきた書類にひとつわからない点があ...

superyellow124さん

2016/8/502:53:25

交通事故の示談交渉成立で保険会社から送られてきた書類にひとつわからない点があり、アドバイスお願いします。この下枠の円で囲んである2ですが、どういう意味でしょうか?双方の保険で支払われる負担額は、上記の¥

69643と¥38776ではないのでしょうか?無知ですみません。

保険,示談交渉成立,アドバイス,双方,交通事故,賠償金,甲

閲覧数:
239
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/8/505:15:23

1・2・3の方法のうち2を選択して事故処理を進めています。
今回、過失30%の当事者は「保険を使わない意向」のようです。

お支払いして貰う賠償額-お支払いする賠償額を相殺して、残額をお支払いして示談になります。

近年、保険を使うと『保険等級ダウン+事故あり割増保険料3年間』のペナルティーがあるので、保険はあるけど使わないで事故処理を行う事が多くなりました。
(賠償金<保険料のアップ分)
問題ない手続きで【相殺処理】といいます。

この手続きを取った場合、保険金(賠償金)のお支払いは無く、自己負担になりますが、保険を使わなかったことになり、等級ダウンや割増保険料の負担はありません。

保険を使うかどうかは各々の判断です。今回の事故に関するお支払い方法自体は問題ありません。

質問した人からのコメント

2016/8/9 02:04:59

ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/8/510:34:14

皆さんのおっしゃるとおり、過失相殺払いです。

あなたの疑問は、¥30、867だけ支払われた場合、¥38,776はどうなるのかということではありませんか?

双方それぞれ自分の保険を使う場合は、¥30、867の他に、¥38,776を甲の保険会社は甲の修理工場へ、乙の保険会社は乙の修理工場へ、別途直接支払うことになります。

保険会社にとっては、結局、それぞれ¥69,643と¥38,776を支払うので、同じことになります。

dourakuoyagさん

2016/8/507:47:59

過失相殺というものです。
甲から乙が69643円うけとって乙が甲に38776円を支払うのですが差額が②の30867円ということ。
何も不思議なことはない。

tankun994さん

2016/8/505:06:26

相殺と言うものです。

2016/8/503:29:07

分かりづらいですね。
不良警官井川による故意による犯罪に31年以上暴力、暴行、嫌がらせ活動に悩まされております。どもならん大人の不良が居る松阪市です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。