ここから本文です

日本郵船の株価がさがっていますが、 海運業界の将来について御教授下さい。

アバター

ID非公開さん

2016/8/1817:17:03

日本郵船の株価がさがっていますが、 海運業界の将来について御教授下さい。

閲覧数:
515
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2016/8/2111:55:27

なかなかに厳しいかも。この業界の問題は常に供給側です。不景気だからといった需要側ではないのです。

まず世界貿易量は2009年のリーマンショック直後とかを除けば増えています。直近でも伸び率の鈍化はあっても減ってはいません。

さらに海上荷動量をみれば直近でも安定した伸びを示しています。これは単位当たり輸送コストがもっとも小さくなりうる海上輸送にあっては、他の条件が許せば、他の方法からのシフトが起きやすい(特に不況期では)からです。

なのに海運不況とか言われるのはそれ以上に船の供給があるからです。実は海運業は船さえ手配できれば参入は容易です。船員を雇って荷を集められれば後の障壁はほぼありません。

最大の参入障壁は初期投資の大きさです。なので近年までは資本装備の大きな国が主流でしたが最近では中国をはじめとしてその問題をクリアしたとこが多くでてきたのです。

この競合問題は業界の構造なのでシクリカルには解決しません。

また原油安はトータルで大きなマイナス要因です。一般には燃料安でプラス要因ではととらえられがちですがそれは違います。

ひとつは資源輸送需要自体が小さくなるという売り上げ問題のほかに競合がシビアになる問題があります。

燃料が安くなると海運会社はどうするかというと船のスピードを上げます。例えば平均速度を20%上げれば、その分燃料費は掛かりますがそれまで10隻で運んでいたものを8隻に減らせるのです。

個々の海運会社にとっては合理的ですが、10隻が8隻ですむということは2隻仕事にあぶれる船が出てくるということです。

それは巡り巡って運賃の値下げに拍車がかかることになります。船があぶれているんですから、置いとくだけで金掛かるより、キャッシュコストまで下げてでも動かした方がいいからです。

当面は運賃にバカスカ金払ってくれる状況にはならないんじゃないでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mor********さん

2016/8/1910:08:57

世界的に貿易量が減少しているので海運も細っているのですね。20年位前は500円以上の株価でしたが、現在は170円を低迷しています。けれども配当が2%あるのですから長期保有でよいのではないかと思います。

jhg********さん

2016/8/1909:56:01

円高により輸出制限をしているためと思います
このまま円高が続けば低レベルでの収益になるでしょうから
しばらく続くでしょう

国の施策も米国の利上げ期待の円高容認姿勢ですしね

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる