ここから本文です

【サドルの前後位置について】 今中大介さんのインタビューを読んでいたら、「昔...

cho********さん

2016/8/3020:49:11

【サドルの前後位置について】
今中大介さんのインタビューを読んでいたら、「昔はサドルを目いっぱい後ろに引いていた】【最近はサドルが前に出て、ハンドルが前に出ている】とおっしゃっていました。

一方、UCIルールで、サドルの先端は、BBより最低5㎝後でなければならない、ということで、できればそれ以上に選手はサドルを前に出したいようです。
これらの情報から、サドルは前の方がいいのか、後の方がいいのか、よくわからなくなりました。
どなたか、教えてください。

閲覧数:
875
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

2016/8/3107:54:52

フォームの歴史、昔々日本で自転車競技と言えば当然『競輪』でした。競輪のフレーム(スケルトン、今はジオメトリと言いますね)でロード用バイクにしたのが主流でした。重要になってくるジオメトリはシート角(シートアングル)とトップの長さです。その当時はだいたいシートアングル74~5度と立っていました。トップも短くかかったです。
今で言う前乗りというもので上半身の筋力を利用しペダルを下に踏み込む走りです。

その後(昔)、今中さんの現役時代はそれがだいぶ変わってきて、シート角が寝てきまして(74~72.0)トップチューブも長くなる傾向にありました。それだけでは足りないのでサドルも目一杯後ろに引きます。そうする事によって、ペダルを押し出す様に走り、お尻から太腿筋をフルに使いましょうと言う走りです。

そして今は昔々のポジションと昔の間くらいのジオメトリになってきています。シートアングルも74~73で、トップも時代のの中間あたり。そしてもっと前乗りをしたいという欲求でサドルを今度は目一杯前にするポジションとなってきているわけですね。

そういった経緯で発言されたと思います。今中さんが立ち上げたインターマックス初期のフレーム、ゼルトゲンボスのジオメトリを見て、今のフレームと比較してもらえば良くわかると思います。

フォームも自転車の進化と共に変化していますし、流行りもありますのでどれが良いとは言えないと思います。

因みに私は後ろ乗りが乗り易です。重いギアが回し易く、高速の維持がし易いと感じています。筋肉の質もありますので『これじゃなきゃいけない!』みたいな先入観は捨てて、色々試し自分に合ったフォームを見つけるべきだと思います。

  • cha********さん

    2016/8/3107:58:09

    追記です。トップの長さは当然、ホリゾンタルです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/8/31 08:16:35

すばらしい回答をありがとうございます。
とても分かりやすかったです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sun********さん

2016/8/3023:26:58

それはTTバイクのポジションに合わせて
そういうポジションになっています

ファビエン・カンチェラーラを見ると
サドルをケツの穴に突っ込んでいるのか?
と思えるほどサドルの前に座って肘をハンドルにおいて走ってましたね

じっさいこのポジションでペダリングはけっこう難しいです
下死点
ロードバイクでは本当はもうちょっと前にあるので
時計で言うと3時や4時地点からトルクがかかってきますが
こういうポジションの場合6時ぐらいの位置からトルクバンドに入ります
うまい人はこれでもペダリング効率を上げることができるのですが
そう簡単なことではありません
クロスバイクに乗ってロードバイク以上に早く走れる人は出来るでしょうね
クロスバイクの方がサドルが前なのでその難しさは解ると思います

と、いうわけで基本のポジションで
ちゃんと足の裏からトルクを感じているならば
ポジションの変化でうまく出来ている出来てないがわかり
どっちがいいか自ずと理解できるはずです

考えも無しにただ走るのではなく
また、雑誌や本で書かれていたことを鵜呑みにするのではなく
自分で考えながらやってみて、より進む方があなたにとってベストなのです
前だの後ろだの結局、どのくらい前に出すかは人の骨格次第ですよ

闇雲にペダルを下に踏みつけていると
サドルの位置はどこにあっても大して変わらないと思います
自転車はペダルを踏むのではなく
クランクを回すものです
ここが解ればサドルの位置とハンドルの位置の関係も解ってきます

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる