ここから本文です

日体協やスポーツ関係者、元スポーツ選手の政治家やお偉方が「みんながスポーツを...

靖國勇士(HAYATO)さん

2016/9/818:16:16

日体協やスポーツ関係者、元スポーツ選手の政治家やお偉方が「みんながスポーツを楽しめるようにしたい、

スポーツで国民みんなが1つになれる国に」とか「子供からお年寄りまで国民一人ひとりの生活とスポーツが一体化している国にしたい」と、壮大な夢を語っていますが、それは可能だと思いますか、それとも、「夢」という言葉が好きなスポーツ関係者の、それこそ儚き夢だと思いますか??

あと、「みんながスポーツを楽しみ、国民がスポーツで1つになれる国」とは、どういう国なのだと思いますか?
少なくとも今はそういう状態にないと彼らは思っているようです。

閲覧数:
41
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yaroshiさん

2016/9/909:27:23

スポーツ関係者の儚き夢ではなく、国家として取り組むべきことだと思います。
健康を害した状態ではより大きな幸せを感じにくいと思います。そして健康は精神的健康と身体的健康に分類しますが、身体的健康を維持するためには身体活動は欠かせません。だからと言って健康のために面白くもない辛いだけのトレーニングなどでは長続きはしないでしょう。
上記を前提として「子供からお年寄りまで国民一人ひとりの生活とスポーツが一体化している国」というのは身体的健康を維持するための身体活動を楽しく長続きするかたちで出来るのがスポーツであり、またスポーツの楽しさに触れることにより精神的健康の増進にも寄与し、よってスポーツが国民一人一人の生活に密着した状態だと思います。
「みんながスポーツを楽しみ、国民がスポーツで1つになれる国」というのは、上記がさらに横の広がりを持ち国民全体としての繋がりを持った状態と思います。

質問した人からのコメント

2016/9/15 09:17:03

回答ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる