ここから本文です

私は将来、声優になりたいです。

アバター

ID非公開さん

2016/9/1119:01:05

私は将来、声優になりたいです。

高3の女です。

現在演劇を学んでおり、声優事務所のオーディションに受かったこともあります。

ですが、私の住んでいる所は北海道で、受かった事務所も北海道です。

所属はしていないのですが…

北海道の声優専門学校や、事務所、養成所に入ってもできる事が少ないですよね?

北海道でなら、ナレーションや司会などの仕事はあっても、私の中での声優さんのイメージの様に、アニメの仕事などや映画の吹き替え等は難しいですよね?

声優になり、声優としての仕事をするためには、やはり東京に行かなくてはならないのでしょうか。

もう高校3年なので、進路で悩んでる時間はそう取れないので、とても悩んでいます。

どれが1番良い方法でしょうか…

1.東京の養成所or専門学校に入る(上京)

2.北海道の養成所or専門学校に入る(もしくは事務所オーディションを受ける)

3.声優は必ずなれるものではないので、先に別の専門学校へ行って手に職をつける

親は、私が声優になりたい事や、東京に行けるならば行きたいというのは理解してくれています。ただ、北海道でできる事があるなら、北海道でやれば良いのでは?という風に言っていました。私が一人暮らしをすることに対しても心配は大きいみたいです。(おそらく普段ぐうたらした姿をたくさん見せてしまったためです。そこはいくらでも改善します。)

また、声優を目指しても必ず上手くいくとはいえないので、2年なら2年、3年なら3年と時間を決めて学ぶのであれば声優の学校や養成所に行ってもいいけれど、それ以内に上手くいかなければ、北海道で別の職業ができるように、専門学校に入れてくれるようです。

本当に申し訳ないくらい親は協力体制でいてくれています。とてもありがたいです。だからこそ、早く進路を決めて安心もしてもらいたいし、東京に行くなんてなればなおさら、早めに伝えたいです。

長くなってしまってすみません。
皆さんの意見、お聞かせください。

閲覧数:
368
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/9/1323:37:24

こんばんは。
声優事務所の事務員をしています。

あなたが専門学校や養成所などで勉強している期間は、必ずしも上京をしなければならないわけではありません。

確かに、東京などの首都部には指折りの声優学校も多く、自分に合った学校を選ぶことができます。
また、声優プロダクションの多くが東京に拠点を置いていることや、事務所に直属の養成所を選択したいとなると、東京にいた方が利便性に富むのも事実です。

ですが、地方にある学校から声優デビューした方もいらっしゃいます。
そのため、必ずしも上京をしなければならないという事実はありません。

しかし、もしあなたがプロの声優になることが出来たのだとすると話は別です。

アニメであったり吹き替えであったり、ジャンルを問わずほぼ全ての声優業務は東京で行われます。

仕事によっては、翌日、もしくは当日のオファーを受けることもあります。

その際、「遠くて今日中には行けません。」などとお断りをしてしまうと、お仕事はどんどんとライバルの方へ流されていきます。

地方で生活している人が声優になれた場合でも、少数ですが、上京のチャンスを見誤って失敗してしまう、というようなケースもあります。

ですが、やはりこれは「自業自得」というやつなんですね。
自らの優柔不断が招いたことです。

立場上、質問者さんと同じような内容のご質問を受ける機会があり、その方のお話を伺ったことがあります。

「できるだけ早いうちに上京します!」

と言っておきながら、なかなか実行に移せない方でですね...

非常に残念ですが、その方は人員整理の対象となってしまいました。

仕事を頼んでも本人の都合による NGが続けば、

「どうせまた断られるだろうから、別の人に頼もう」

みたい状況を作り出してしまうわけですから、結果的に言えば、今後のお仕事のチャンスが絶望的に終わります。

声優プロダクションだって企業なのですから、仕事ができない人、獲れない人をわざわざ所属にしておく意味もありません。

「運も実力のうち」という言葉がありますが、一度来たチャンスを一度でも振ってしまうと、その後に同じチャンスが巡ってくることはありません。

厳しいようですが、あなたの代わりはいくらでもいる世界ですからね。

さて、話を元に戻しましょう。

結論としては、声優を目指す学生のうちは、北海道の養成所で学んでいても構いません。
ただし、本気でプロの声優になるという覚悟がおありなのでしたら、プロになってからの状況プランを練っておいた方が賢明と言えます。

質問にあげられた三つの選択肢の中で、どれが一番良いのか、というのは、本人の覚悟と努力次第ですから一概には言えません。

ですが、声優になれる確率、というものがその中でかろうじて高いと言えるのは、「1」ではないでしょうか。
東京の学校では、たくさんの新人を輩出してきた優秀な講師の方を多く揃えているというところもあります。地方の学校の講師の方が悪いというわけではないのですが、有名な声優を多く輩出した実績のある学校の方が信用できる気はしますね。


また「2」も納得できる選択です。
その際は、上京する計画をある程度考えておいた方が良いかと思います。

また「3」ですが、これはこれで有りなのではないでしょうか。
仰るように、声優というのは、なりたいと思ってなれるものではありません。
専門学校なり、普通の大学なり、そこで手に職をつけておくのも良いかもしれません。

また、そのようなところで経験を積んでおくと、後々の演技の勉強に、その「経験」が役立つかもしれません。人間的に成長できるという面も考えると、時間はかかりますが、それも十分に選択できるものだと思います。

それぞれの面で、親御さんとよく話し合って決断してくださいね。

余談です。
私は、企業に就職をして、社会人としての経験を積んでから、声優学校に通うという選択肢も、まあ、「有りっちゃ有り」なんだと思っています。

経験論だけでお話をさせていただくと、社会人経験をされている方は、学生が声優を目指すよりも、成功例は多いと感じます。

まあ、安定した収入を捨てて夢に挑戦するわけですからね。
かなりの覚悟であるからこそ、気持ちややる気も、1歩..2歩...3歩とリードしているということなのでしょうね。

例えば、社会人で就職している人ともなれば、学生の子達より歳が上だと考えるのが普通でしょう。

で、仮に25歳から声優を目指すことについては否定しませんし、できません。
事実、もっと年上の声優志望者たちが夢を成功させた例はたくさんありますからね。

問題は、あなたがプロの声優として修行をしている期間、他の友達は家庭を築いていたり、就職してそれなりの役職に就いているということは理解しておいてください。

晴れてプロの声優になれたとしても、その時にはもう20代後半あたりの年齢になっている可能性は高いです。

「普通に大学に行って就職しておけば良かったなぁ...」
「やめとけば良かった...」

このセリフを言う可能性を100%完全に否定することができなければ、あなたは声優を目指すべきではありません。

声優を目指すことは、人生を悪い方向に導きかねない危ない選択なのかもしれません。

しかし、どんなに辛くても悲しくても過酷でも、自分が選んだことを後悔しない!、と断言できる人ならば年齢など関係なく声優になれるでしょう。

声優になることを決して後悔しないと誓えるか、必ず自問してください。

あなたの覚悟が本物であれば、声優になれる確率は高いと信じています。
努力が最大の近道です。
地道に、ひたむきに、日々邁進してください。

長文失礼しました。
参考になりましたら幸いです。

アバター

質問した人からのコメント

2016/9/18 13:45:04

とても納得しました。
ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/9/1212:23:24

今迄多くの声優関係の質問者に回答をしてきましたが
学生時代に演劇の経験が有り、声優事務所のオーディション合格者に
初めて出会う事が出来ました。

私が今迄回答した人達の声優になれる確率が1万分の1であれば
あなたは100分の1位のかなりの高確率者だと思います。

1は、あなた位のレベルの人が養成所や専門学校に10人はいると思います。そのうち3人位は既に芸能活動してウキィペディアに出ているクラスもいると思います。この競争に勝ち抜ければ、晴れて声優デビューが出来ると思います。もちろん養成所や専門学校もあなたの札幌での実績は調査(あなたの願書に書いてるので)済みですので、記念専門学校入りのメンバーよりは上位者扱いはされると思います。

2は、これが最もイージーモードで、事務所に受かった実績もあるので札幌で細々と仕事をこなせると思います。ただし、一番最初に受かった事務所を蹴ったなら、その事務所の力次第で他の事務所に入れなかったり、仕事が来ないという圧力もあると思います。

3は、これが一番無難です。私も娘がいる身ですが、東京に行ったり、札幌とはいえ芸能界入りは親としては微妙だと思います。

多分ですが、あなた程実力が有れば、札幌の事務所に受かったらなら素直に入るでしょうし、もっと野心的なら東京に真っ先に行くことを選ぶと思います。それを悩むという事(3の選択肢が有る)は、ご自身ある程度の実力はあると知りつつ(若しくはご自身を過小評価されている)、東京に行っても、札幌で仕事しても、自分が思い描いているようには出来ないだろうなぁーと思っているからだと思います。

そうであれば、普通の専門学校に行った方がいいと思います。
一番の難関である家族が協力的で、あなたにはそれなりの実力があるのにこういう質問をなされているからです。また、心理学的には2番目の選択肢が、一番の候補という話があります。あなたの気持ちは札幌にいたいという気持ちが強いので、1の選択肢は除外して、じっくり家族と相談なされたほうがいいと思います。

kiona4137さん

2016/9/1211:03:12

やっぱり、更に高いところへ行くには東京に行くのが最大の目標かなと思います。東京に行くなら、専門学校ではなく養成所が良いでしょう。

北海道での声優業については分かりませんが、それでも幸せならその道を選んでも良いのでは…。

進学については自由ですが、声優以外でやりたいことがあるなら、それを頑張るのも良いと思います。大学行くなら最高ですが…。

明日から生活態度を改善してください!

tac********さん

2016/9/1208:57:11

林原めぐみという怪物がいたせいか、ワイフさんの元看護師の経歴ガン無視されてる

プロフィール画像

カテゴリマスター

成行きさん

2016/9/1122:05:12

こんばんは

全国区のTVアニメの声優として活動したければ、東京に出る事は必須事項です。

後は上京する時期について如何考えるかの問題で、

東京に行く準備が整って(資金がたまってから)から上京するか。
いずれ上京するなら最初から東京に出て声優を目指すかは、質問者さんの考え方次第と言う事だと。

一応知っているかとは思いますが、北海道で放送された『フランチェスカ』と言うTVアニメの作品には、北海道にある芸能事務所所属のタレントさんが数名でてはいましたが。

アフレコの収録は、東京で行われたようなので、どの道東京に出てこなければ意味が無いと言う事だと思います。


で、①②③どれか良いかについては、正直どれを選んでも大差はないです。



③は確かに一見理に叶っているように見えますが、仮に資格系の専門学校を出て手に職をつけても、東京でその資格や技能を活かせる就職先を見つけなければ意味が無いですし。

資格と言うモノは持っていれば何時でもどこでも職にありつけると言う、魔法のアイテムではありません。また、資格にも旬があると言う事を知りましょう。

資格や技能を持っていても使う機会が無ければ、技術も錆びつくし使えなければ無用の長物にしかならないのです。

資格や手に職が在ればいつでも就職出来る万能アイテムなどと、考え違いをしませんよう。

北海道の養成所や専門学校で学ぶことに問題はありませんか?>についても

北海道の養成所や専門学校で学んでも、東京の声優事務所と提携していない所で幾ら学んだ所で、東京に呼んでもらえる保証は在りませんし。
また、仮に東京に出るチャンスが有っても、上京して活動する為の資金は自前で用意しなければなりません。

と言う事は、北海道で手に職をつける専門学校と養成所の学費を支払いながら、同時に上京する為の軍資金も貯めなければならないと言う事です。

資金面では、①に掛かるお金の倍以上を見込まないと計画自体が破綻する可能性が高いと言う事も頭に置かないと。そうなると、親への負担は倍増する事は請け合いとも言えます。


ご両親の理解があるのであれば、貴方自身がその点についてもう少し詰めて考えて、お金の事について相談しないと、只々ご両親の負担が増え続けると言う事にも繋がります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jal********さん

2016/9/1122:02:17

近年の北海道出身の主な女性声優の経歴
野水伊織:札幌市出身。高校卒業後に上京、メイド喫茶でバイトをしつつ、事務所に所属せずに地下アイドルとして自主的な活動を行う。どんなコネクションがあったのか不明だが、フジテレビ系ドラマ電車男にコスプレイヤー役で出演し知名度を上げる。その後、プロダクションエース演技研究所を経てプロダクションエース所属に。

五十嵐裕美:札幌市出身。高校卒業後に大学進学のために上京。大学と並行してマウスプロモーションの養成所に入所、所属オーディションに合格し、マウスプロモーションの所属に。

日岡なつみ:札幌市出身。高校卒業後上京、専門学校東京アナウンス学院に進学。卒業時のプロダクション合同オーディションでぷろだくしょんバオバブに合格し、同社所属に。5年ほどの下積みを経て、アニメくまみこの主役雨宿まち役で注目される。

原嶋あかり:中標津町出身。高校卒業後上京、アミューズメントメディア総合学院東京校に進学。在学中、青二プロダクションのジュニア所属に合格。しかし、ジュニアから準所属へは上がれず青二を退所。その後フリーでの活動を経て、東京俳優生活協同組合の所属に。

長妻樹里:札幌市出身。高校卒業後に看護学校へ進学。上京し、看護師をしながらプロフィット声優養成所に入所、1年後に所属オーディションに合格しプロフィットの所属に。

ご参考までに。この中では野水さんの異色さが際立ちますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる