ここから本文です

第一種低層住居専用地域で資材置場とガレージ 当方水道設備会社を営んでおります

アバター

ID非公開さん

2016/9/1217:25:32

第一種低層住居専用地域で資材置場とガレージ

当方水道設備会社を営んでおります

会社の規模が大きくなり、現在の資材置場では手狭になりはじめどうにかする方法を考えていたところ、近くの340坪の旧家が売りにしていました
場所は住宅地で回りに店舗なども有りません。
土管や下水管などの資材を少々と重機(小型ユンボ)や2tトラックが5台あります
土地は会社名義での購入を予定しています。

・不動産屋に確認したところ大丈夫とは言われました
・役所に聞いたら建築をするので無ければ特に関与しない、地域により様々と・・・
・弁護士さんに相談したら駄目だと言われました

意見がまとまらないのでこちらで皆様の意見を聞き参考にしてたと書かせて頂きました

閲覧数:
460
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

土屋 輝之 さんの画像

専門家

2016/9/1217:50:54

はじめまして、不動産コンサルタントの土屋輝之と申します。ご質問に回答させて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。

許可など法律の側面から考えた場合には、不動産会社さんや役所からの回答にあるとおりかと思います。
しかし、資材置場として使用する場合には重機やトラックの騒音・振動、資材の積み下ろしに伴う騒音、作業する時間帯などにより近隣住民から苦情を受ける可能性が高く、使用に支障が生ずる可能性を考えると、弁護士さんの回答がもっともであると考えます。

これらの振動や騒音などに関する制限に関する、環境保全条例は地域により異なりますが、第一種低層住居専用地域では昼間の時間帯を除き45dbというかなり厳しい規制基準が設定されているケースも少なくありません。

トラブルを事前に防ぐという観点からは、おすすめできません。

以上、参考にして頂ければ幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

土屋 輝之 さんの画像

土屋 輝之

不動産コンサルタント

さくら事務所管理組合向けコンサル部門責任者。マンション管理士

不動産仲介営業から新築マンション販売センター長を経る間に、不動産売買及び運用コンサルティング、マンション管理組合の運営コンサルティングなどを幅広く長年にわたって経験。 現在は個人向け不動産コンサルティングサービスを行う株式会社さくら事務所のマン...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる