ここから本文です

VT内蔵のSOGと、内蔵されていないSOGの違いを教えて下さい。またなぜVTを内蔵する...

syu********さん

2016/9/1221:49:28

VT内蔵のSOGと、内蔵されていないSOGの違いを教えて下さい。またなぜVTを内蔵するのかも教えて下さい。

閲覧数:
2,263
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rin********さん

2016/9/1223:04:24

まず間違い訂正から。
VTが内蔵されているのは気中開閉器(PAS)です。SOGには内蔵されません。


高圧回路に地絡事故などが発生した際にPASを自動開放させるのがSOGですが、そのSOGへ電源を供給させるためにPASにVTを内蔵します。
内蔵タイプ以外では電気室(キュービクル)の電灯変圧器から100V配線を引く必要があります。ですがPASにトランスが内蔵されていれば、いかにSOGと電気室の間の距離があろうと配線の必要がなく、工事が簡素化される訳です。

しかし本当のメリットはそれだけではありません。
PASにVTが内蔵されていると、電気室の高圧主遮断装置(VCB、LBS等)または専用に設けたSOG電源ブレーカーが開放していてもSOGの電源が消失されません。これは波及事故の防止には非常に有効です。
過去には、何らかの原因でVCBやLBSが開放していたためにSOG電源が消失してしまって働かず、波及事故に至った事例がいくつもありました。誤って高圧引き込みケーブルを掘削してしまったときも同様です。

PASにVTが内蔵されていると、PASが投入されている限りSOGの電源が消失することがないので、常に監視状態が保たれる訳です。

内蔵されたVTはSOGの制御電源用に設計されています。容量は15~25VAと小さいので、安易に「端子に100Vがあるから」などと他に利用すると簡単にVTが焼損し、同時に波及事故が発生します。なので、SOGを試験する場合の試験器の電源を含め、他の負荷を接続してはいけません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/9/13 00:19:36

大変よく理解できました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cvm********さん

2016/9/1222:14:10

VTが内蔵されていなければ、SOGを動作させるための電源を他から調達しなければならいので配線工事が必要になりますね。

VT内蔵型は、高圧回路に電圧トランス(VT)がありそこからSOGの電源を供給するようになっているので電源を配線しなくてもいいようにできてます。

by 電気工事科職業訓練指導員

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる