ここから本文です

〔道場親信氏(和光大教授、社会運動史研究)14日、胆管がんで都内病院で死去(49...

indianlegend3さん

2016/9/1501:16:04

〔道場親信氏(和光大教授、社会運動史研究)14日、胆管がんで都内病院で死去(49)〕

http://sougi.bestnet.ne.jp/php/funeral_jump.php?type=FW&start_id=1&...
故人名:道場 親信 / みちば ちかのぶ
享年:49歳
故人情報 :
和光大教授(日本社会科学史・社会運動論)、社会運動史研究。
愛知県出身。
死亡情報:2016年9月14日午前3時55分、
胆管がんのため、東京都千代田区の病院で死去。
喪主名:松本 麻里 / まつもと まり
喪主/続柄:妻
通夜:2016年09月16日 午後6時00分~
葬儀・告別式 :2016年09月17日 午前11時00分~
最勝寺檀信徒会館
東京都新宿区上落合○○

PS

1950年代や70年代の社会運動の研究などで知られた。
著書に「抵抗の同時代史」「占領と平和」など。

***

>胆管がん

〔著名人の死亡で注目される「胆管がん」ってどんな病気?〕
(全国健康保険協会 東京支部 2015年)
~他国に比べて日本人は胆管がんの発症が多い?~
https://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/topics/20151002.html
2015年~、
50代の五輪金メダリスト(柔道)[斉藤仁氏(54)2015年1月没]、
70代の詩人で児童文学作家[長田弘氏(75)2015年5月没]、
50代のゲームメーカー(任天堂)社長[岩田聡氏(55)2015年5月没]、
50代の女優[川島なお美さん(54)2015年9月没]
など、著名人が相次いで胆管がんのため亡くなっています。
以前はあまり耳にすることのなかった胆管がんですが、
数年前(2012年)、
印刷工場の元従業員らが業務で使用した化学物質によって
胆管がんを発症していたことが発覚、注目されました。
胆管がんとはどのような病気なのでしょうか。
「胆管」とは、
肝臓で作られる消化液である胆汁を
十二指腸に運ぶ管のことで、
肝臓から胆のう、すい臓、十二指腸をつないでいます。
その胆管のどこかにできるがんが胆管がんです。
胆管、胆のうと、胆管が十二指腸につながる乳頭部を合わせて
「胆道」といい、胆管がんは胆道がんのうちの1つです。
国立がん研究センターの「最新がん統計」によると、
2011年に日本で新たに胆管がん・胆のうがんと診断された人は
男性約12,300人、女性約11,400人。
日本人が生涯で胆管がん・胆のうがんにかかる確率は
男女とも2%と決して高くありませんが、
欧米人やアメリカの日系移民などと比較すると
高いことがわかっています。


PS

発症年齢は40代後半~50代頃から徐々に増え、
60代でもっとも多くなる。
胆管がんは、治療可能な早期発見が最も難しいがんの1つ。
がんの進行が異常に速い。
初期の自覚症状である黄疸に気づいたときには、
すでにがんが進行して手遅れになっているケースが多い。

更に、
職業性胆管がん
に関して言えば、

近年、下記報道も話題に上がりましたが、

〔印刷工場で多発の胆管がん、
洗浄液が発がん性物質に~東大チーム発表〕
(ヨミドクター 2016年4月27日)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160427-OYTET50010/
印刷工場の洗浄液などに使われる化学物質
「ジクロロプロパン」は、
肝臓で発がん性をもつ物質に変換されることで、
胆管でがんを引き起こしている可能性が高い
という研究結果を、
東京大学の豊田優・特任助教らのチームが発表した。
科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。
研究チームは、ネズミにジクロロプロパンを投与。
肝臓で発がんの可能性のある物質に変換され、
胆管に排せつされることを確認したという。
「今後は胆管がんを発症した人の細胞を調べ、
発がんの仕組みを明らかにしたい」としている。

***

前記のように、

>職業性胆管がん

だけなら、
特に「印刷工場」等の特有の原因を
絞り込めるわけですが、
やっかいなことに、
特に2015年~、全く他業種の著名人の間でも、
「胆管がん」が激増しており、
特に50代以下での急逝も決して珍しくなく
ない状況に。

つまり、これらの事が意味する本質的なことは、
「ジクロロプロパン」に限らず、
1F事故に伴う最大200種とも
指摘される大規模に環境放出された
核分裂生成物(重金属要素も含む)
も含め、
(他臓器に比しても)生体濃縮しやすく、
終局的には、
それがガンを筆頭した各種重篤疾患
の素因を形成しやすいと言えるのでは?

更に、
今日の「職業性胆管がん」急増に関しても
1F事故の付加事情も重畳的に作用している
と言えるのでは?

近年、50代&60代はもとより、
30代&40代or20代以下の訃報が激増している
異様な兆候に、戦慄を覚えます。

最近の(「福島県」を中心とした)
東日本広域においても、
比較的若年層の著名人の訃報
&重篤疾患の急増から推測しても、
地理的&時系列的にも、
被曝疾患としての側面が
非常に強いと言えるのでは?

特に、チェルノブイリの経験則から、
被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、
(若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因
のある方等)被曝感受性の強い方から順に
被曝影響が顕在化傾向にあると
言えるのでは?

補足http://www.nuketext.org/Rad2014/JHS/JHS6-2.html
食べ物を通じて体内に入り込んだ放射性物質は、
その化学的な性質で体内の各臓器などに
吸収されたり排出されたりします。
福島原発の汚染水が流出して
その影響を受けている海産物については、
トリチウムを始め、ストロンチウム、プルトニウムなど、
さまざまな放射性物質の汚染が問題になってます。
たとえばストロンチウム90は、
カルシウムと同じ化学的性質のふるまいをしますから、
骨などに蓄積されます。
セシウム134/137は、カリウムと同じように、
内蔵を始め体内の各所にたまっていきます。


つまり、今回の「胆管がん」に限らず、
原発性の他臓器ガンでも言えるのですが、

被曝疾患としての発がんリスクとして、
(内外)積算「被曝線量」はもとより、
個別の体質的問題として、
「先天的(遺伝的)要因」&「後天的(既往歴)要因」
そして、発症部位の特有事項として、
「化学成分」一般が生体濃縮しやすい
「臓器的要因」
(⇒特に被曝事項としては「甲状腺」「骨髄」が典型)
の総合的側面から、
より個別具体的発症リスクが定まると言えるのでは?

胆管癌,ジクロロプロパン,胆嚢,ゲームメーカー,ヨミドクター,放射脳,越後湯沢

閲覧数:
388
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lulu_09_01さん

2016/9/2001:55:07

●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。
●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。
●競馬の騎手が落馬したのは放射脳のせい。
●転んで怪我したのは放射脳のせい。
●自殺で死んでも放射脳のせい。
●70歳過ぎて心筋梗塞になっても放射脳のせい。
●登山で遭難死しても放射脳のせい。
●性同一性障害も放射能のせい。
●マグロがでかいのは放射脳のせい。
●パンダが発情しないのは放射脳のせい。
●尿路結石は放射脳のせい。
●鼻血が出るのは放射脳のせい。
●ヘリウムガスの吸い過ぎで倒れたのは放射脳のせい。
●若くして乳がんで死んだのは放射脳のせい。
●2009年から罹患してた白血病で死んだのは放射脳のせい。
●水族館のマグロが次々死んだのは放射脳のせい。
●何だか分からないけど心不全は放射脳のせい。
●88歳のバアさんが心不全で死んだのは放射脳のせい。
●ギックリ腰になったのは放射脳のせい。
●芸能人の息子が転落死したのは放射脳のせい。
●越後湯沢の中古マンションが売れないのは放射脳のせい。
●三船美佳が離婚したのは放射脳のせい。
●『ブラックジャック』の“人面瘡”は放射脳のせい。
●中高生女子の飲酒が多いのは放射脳のせい。
●上野動物園で大型動物が死んだのは放射脳のせい。
●若ハゲも放射脳のせい。

etc,,,,etc,,,

とにかく人が死ぬのは全部が放射脳のせい。
ついでに魚が死ぬのも全部放射脳のせい。

放射脳の バ カ さ加減が良く理解できました。

●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。
●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。