ここから本文です

主人公が自分の周りの人間の為に自己犠牲を払う小説等の作品は何かありませんか?

tya********さん

2016/9/1522:09:30

主人公が自分の周りの人間の為に自己犠牲を払う小説等の作品は何かありませんか?

閲覧数:
780
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nao********さん

2016/9/1615:52:25

こども心に、なぜ自分から進んで不幸になるの?と思ったのは「泣いたあかおに」http://kids.shueisha.co.jp/hirosuke/revue/revue02.html
オスカー・ワイルド「幸福の王子」も子どもにとっては全然幸福感なし。

自己犠牲という言葉を知ったのはやはりこれ…
三浦綾子「塩狩峠」。宗教色が強いという方も多いけど、外せない。
http://www.shinchosha.co.jp/book/116201/

史実を題材にした小説では、山本周五郎「楡ノ木は残った」や浅田次郎「壬生義士伝」あたりか。

宮沢賢治のも多いです。「よだかの星」「銀河鉄道の夜」はその代表。

最近では桜庭一樹「ほんとうの花を見せに来た」http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163901275
百田尚樹「永遠の0」も人によっては自己犠牲という印象を持つらしい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる