ここから本文です

13代将軍 足利義輝を殺した張本人はどういう死はどうなりましたか?

あかさま Ver171さん

2016/9/2510:00:49

13代将軍 足利義輝を殺した張本人はどういう死はどうなりましたか?

閲覧数:
132
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

電波猫さん

2016/10/200:28:33

13代将軍 足利義輝を殺した張本人は戦国大名・三好長慶に仕えた三好三人衆(三好長逸、三好政康、岩成友通)です。岩成友通は三好家の重臣で三好姓ではありません。

三好三人衆は永禄七年(1564)七月に室町幕府を牛耳っていた戦国大名・三好長慶が死亡した後、後継ぎの三好義継は幼く、また長慶の弟達も世を去っていたため、この後見役となり、三好家の舵取りをするようになります。

この頃、松永(弾正)久秀と仲良くなり、時の将軍・足利義輝を暗殺しています。
その後、松永久秀と対立します。その戦闘の過程で、奈良の東大寺大仏殿や興福寺が焼け、奈良時代以降の文化財を灰にしています。

それらの争いは織田信長の上洛で収まりまり、三好三人衆は歴史の舞台から消えてしまいます。

三好三人衆の中でまず岩成友通は、この上洛した信長に臣従しましたが、足利義昭の挙兵で信長軍と戦い戦死してしまいます。

三好長逸もかつて敵対した足利義昭の信長包囲網で信長と戦い、摂津・中嶋城で信長軍と戦ったのを最後に消息を絶っています。

そして三好政康ですが、この人も信長軍と戦い消息を絶っていますが、この人だけは秀吉が天下を取った後、また現れます。その後は豊臣家に仕え、慶長二十年(1615)大坂夏の陣に87歳の高齢ながら参加し、あえなく戦死しました。

しかし豊臣恩顧の大名がことごとく徳川になびく中、三好政康の豊臣に対する忠義は反徳川精神から脚光を浴び、講談・真田十勇士の一人・三好清海入道のモデルになりました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる