ここから本文です

ww2時、中国戦線で戦車戦はあったのですか? 国民党軍は戦車を持っていたと聞きま...

the********さん

2016/9/2808:14:05

ww2時、中国戦線で戦車戦はあったのですか?
国民党軍は戦車を持っていたと聞きました。

閲覧数:
239
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2016/9/2900:33:09

ドイツは日本が真珠湾を攻撃するまで、中国を支援していましたので、国民党軍はドイツの兵器を多く持っていました。日本軍は国民党軍よりもドイツの新鋭兵器に苦戦しました。戦車だけでなく航空機も国民党軍に渡しています。航空機はハインケルンで戦車は1号戦車です。兵器だけでなく国民党軍の幹部連中もドイツの士官学校に留学をしています。日本もてこずる訳ですよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

air********さん

2016/9/2907:22:00

戦車戦する程の数は....日中の双方ともに.....とくに、中国側は数が無い。

でも、国府軍はドイツの1号戦車を持っていました。
また、ドイツ製の軽便な半軌道車のケッテンクラートも持っていました。
ともに、日本軍に鹵獲されて、研究や運用もされています。

中国では半ば黒歴史となり積極的に騙られず、日本やドイツでもあまり取り立たされない....でも、たしかにあった「中独合作」というドイツ・中国における政策。

この「中独合作」政策の中で、他のご回答でも指摘があるとおり、中国の国府軍は、ドイツから多くの支援を受けていました。
イギリスの歴史家、クリストファー・ソーンは、「ファシストの名にふさわしい東洋人を上げるならば、それは蒋介石だ」と残すほどで、当時としては最新鋭とも言える、1号戦車を手渡すくらいですから、当時の中独の親密さを伺い知れます。

古い写真などを見ると、国府軍の装備等は遠目にドイツ風に見えますね。
武器、軍装などドイツを手本としていたし、ドイツ等の小火器等はライセンス生産もされていました。
ドイツ製ではありませんけど(後にドイツに併合される)チェコのブルーノ軽機関銃(中国でもライセンス生産されていた様です)は、日本軍にも鹵獲されて使われますが「無故障機関銃」の異名を誇ったそうです。

さすがに、工業インフラが整わない中国では、戦車の様な高い工業技術力を必要とする兵器までは生産はままならなかったけれど、それなりの兵器の国産化はしています。

st_********さん

2016/9/2815:37:17

ドイツから輸入したⅠ号戦車ならあったはずです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる