ここから本文です

宗教って、ようはプロレス的な見方をするのがよいですか?

捨てる神あれば拾う神ありさん

2016/9/2921:43:42

宗教って、ようはプロレス的な見方をするのがよいですか?

一種のエンターテイメントというか、生活やストレスのガス抜きというか。

プロレスは、強さよりも、エンターテイメントじゃないですか。
もちろん、団体にもよるとは思いますが、一瞬でつく勝ち負けより、お客さんを楽しませることの方が、優先されるべき催しであるのは、間違いはないかと。

プロレスラーは、「強い弱いより、すげーっ!!」じゃないですか。^^;

「宗教に矛盾があるじゃねぇーか。」とツッコむのは、プロレスラーに、「なんで受けに回るんだっ!攻め続ければ勝てるだろう!?」的な、野暮で、瑣末なことですかね?

かといって、私は、システムとか、整合性や一貫性の方が好きだからなー。w

閲覧数:
52
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

本物の宗教とは、命懸けで修行するものです。生きる指針。

  • 2016/9/2923:22:23

    キリスト教ではあんまりないけど、仏教や密教は、確かに修行しますよね。
    バラモン教では、悟ったら、その後の俗物的な考えになじまないように、その場で死ぬのがよいとされていたみたいだし。

    でも、修行といきり指針は、違う気がするんだが・・・、定義の仕方の違いですかね。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/10/6 21:10:23

>命懸けで修行するものです。生きる指針。

が、意図しているか、意図していないかは、わかりませんが。
正しい、正しくないに触れていないことに、真実がある気がしました。

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

2016/9/2922:54:20

韓国系カルトはいつだって金儲けの商売の為でしか宗教を語らない。
そこに暴力団をはさむこともある。どっちも正統派からもっとも遠いクソゴミカスの集団の行いです。

私たちの先代達が、目指していた世界、神仏のいる様な世界を作る為に、祭司が命懸けで守り抜き長い時間をかけて行いを習慣、伝統に取り入れての今を壊されてたまるもんですか( ̄ェ ̄)

哲学だ、哲学だ、と西洋かぶれ達は使いたがるが、そこに愛だの思いやりだのは入ってないんだ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる