ここから本文です

世間に「親戚」と言える一般的な認識や感覚はどの位の範囲までだと思いますか? ...

lef********さん

2016/10/215:16:05

世間に「親戚」と言える一般的な認識や感覚はどの位の範囲までだと思いますか?

但し、法律(民法)の定義は世間での感覚や一般常識とは違うモノなので、 今回の話とは関係ないこととします!

世の中では『遠い親戚』『近所に住む親戚のおじさん』と色々な「親戚」と表現しますよね!
その親戚も『遠い親戚』だと親の兄弟の結婚相手の従姉妹が親戚と言ってみたり、曾祖父の兄弟の孫に対して『近所に住む親戚のおじさん』、結婚式などでも親戚と言われる人達が沢山集まりますが、明らかに民法上の親戚と定義されている親戚の範囲越えた人達が「親戚」として集まるわけで…
地方や大都市圏などと地域性の違い(文化や生活習慣、しきたり等)、人によって生まれ育った環境によっても親戚と言える常識的な範囲は違うかもしれないですが、一般的な親戚と言える範囲として、皆さんはどの辺りまでだと思いますか?

閲覧数:
95
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kor********さん

2016/10/519:59:23

親戚付き合いをしてたら、どれだけ遠かろうが親戚なのでしょう。

実際、我が家とある親戚では名字も違うのになぜ親戚なのかお互い最近になるまでわからなかったなんてこともあるほどです。未だにわからない家もありますし。

親戚ってそんなものだと思いますよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

「テレビ録画」にまつわる困ったエピソード

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる