ここから本文です

ホンダ・ロードパル(ラッタッタ)について教えてください。

nin********さん

2016/10/419:01:25

ホンダ・ロードパル(ラッタッタ)について教えてください。

http://www.honda.co.jp/news/1976/2760129.html

50年以上前の二輪車ですが、とても興味があります。
凄いのは(3)のエンジンのかけ方です。
ペダルを踏みこんでゼンマイを巻き、後輪ブレーキ・レバーを引いてゼンマイを解放すれば、その力でクランクがまわってエンジンが始動、って凄くないですか?
この始動方法を「畜力式」というのも初めて知りました。

さらに、メインスイッチに「停止」「走行」「夜間」って何?

もう興味しんしんです!!
もし今でも手に入るならぜひ乗ってみたいです!
そしてゼンマイをギコギコしてスタートさせてみたいです。

質問は、このバイク当時かなり売れたのですか?
女性にもとりまわしが楽というのも本当ですか?
ぜひこのバイクの事を詳しく教えてください。

補足みなさんの回答を読んで、
ますますゼンマイをギコギコしたくなりました!
多分、回答を下さったのは、
いぶし銀のベテランライダーの方々ですよね!
素敵です!憧れます!!
回答ありがとうございました。

閲覧数:
776
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

auu********さん

2016/10/422:24:34

ゼンマイはロードパルは足でチャージするものだったけどロードパルLで自動巻きに変わってる。
最後にエンジン止めてから長期放置するとバネが弱ってしまうのでスイッチオフのまま1回始動操作してバネを労ってやると言う条件付き。

ロードパルのヘッドライトにはハイロー切り替えがないのでメインスイッチにライト点灯ポジションがあった。それが夜間。
遠心クラッチでクラッチ操作はないが可変変速機構もついていないので、最高速度は45km/h止まり。
スイングアームを兼ねるチェーンケースにエンジンが直付け、キャブもエンジン直付けでエンジンの小刻みな振動、路面からの大きな揺さぶりも受けるわりにキャブのフロートが小さい様で、燃料配管にかかる水圧(油圧)が強くなる満タン時には燃料濃いめとなり最高速も40km/hに下がる。
低性能はロードパルシリーズのみならず後継モデルのハミングシリーズなどまで引きずることになる。
ごく初期に2サイクルから4サイクルに移行したホンダにとって2サイクルをやると言うのは余程の理由があるときで、パルシリーズの場合はカブよりも大幅に値下げできる事が存在意義で長期のブランクによるエンジンの出来の悪さを助長したかな。

ウインカー、ホーンなどスイッチが右手に集中しているので左手でものを持って走ることもできた(違法)。
荷台の下にオイルタンクが置かれ常にジクジク染みだしているので、ふざけて二人のりの真似をするだけでズボンに染みて恥ずかしいことにもなる。
ロードパル、ロードパルL、パルディン、パルフレイ、パルホリデーの5機種に増えたが男性需要を狙ったパルディン、パルホリデーは見たことがない。
大柄な車体のランナウェイで再挑戦したがやっぱりほとんど見たことがない。
小柄な女性狙いの後継機種となるハミングは安さもあってご近所用の下駄として男女を問わず乗る人がいたね。
カブやベンリィより機能的に大幅に劣るものが好景気の時代に売れたと言うのは、シリアスな仕事用をレジャー雑用に使うのは気が引けると言う時代だったのかもな。
満タン時に40キロしか出ないと言うのは日々の買い物の足に使う女性にとっては安心材料であまり怖くないと言う事自体がセールスポイントだったようだ。

他に乗り物がなかった時には助かったよ。
ガッコと部活と教習所通いに1年だけ使ってお役ごめんだった。

質問した人からのコメント

2016/10/6 19:33:57

「ラッタッタ~♪」と歌いながら、
ロードパルを運転して買い物に行きたいです!
回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

his********さん

2016/10/419:58:26

初めて乗ったバイクがこれでした(^^)。

文字通りの「原動機付き自転車」という感じでした。とても軽く、たぶん今のアシスト付の自転車とそんなに変わらないんじゃ無いかな。取り回しはとても楽です。

かなり売れましたね。
主婦がターゲットですから。私の母も乗っていました。

最初は、ゼンマイだけだったのかもしれませんが(記憶が曖昧)、私が乗っていたやつは、停止してエンジンが止まるときに、ゼンマイを巻き上げていました。だから、1回はゼンマイをまかずにスイッチだけでエンジンがかかりました。調子が悪くて、1発ではエンジンがかからないときだけ、ぎこぎこやっていました。確かに焦っているときは面倒でしたね。

ただ、自転車と同じで、またいで乗らなくてはならないので、足をそろえて乗れる今のスクータータイプが登場してからは、はやらなくなりました。

jmp********さん

2016/10/419:46:30

裏話で当時のCMキャラであった大女優ソフィア・ローレンさんに因んでか

一世を風靡したそのキャッチフレーズ「ラッタッター」はイタリア語っぽくと
CM代理店は考えて台本を作ったそうですが、

当のソフィア・ローレンさんはそれを日本語だと思っていたそうな。

・・・・友人の家に1台有って良く乗ったりしてたが・・・

確かに毎回ジコジコキック踏んでゼンマイ巻くのは面倒だった。

プロフィール画像

カテゴリマスター

dt1********さん

2016/10/419:36:28

ソフィアローレンが、ラッタッターと言って、バイクに股がるシーンが、有名なCMで、一世を風靡しましたね。キックに慣れていない女性ユーザーを意識して、簡単に掛けられますと言うのが、売りでしたが、ゼンマイのめんどくささが仇になって、後発の、ヤマハパッソルの方が良く売れましたね。ホンダは考えすぎで、キックくらいは女性でも簡単に出来たと言う事です。ま、面白いとは、思いましたが、軽いキック一発で簡単に掛かるのに、ゼンマイ回す為に、数回ギコギコやるのは、慣れたら面倒以外の何でもなかった。だって始動に失敗したら、また、ギコギコやらなくてはならないのだから。

san********さん

2016/10/419:14:53

もらった固体を一時期持ってました。

ゼンマイは一度でかからないと結構面倒でしたので
後に発売されていた同じような車体のハミングの方が
普通のキック式で楽でした。

停止:もちろんOFF
走行:スイッチON
夜間:ライトが点灯します。

小さいので売れたと思いますが前述の通り
ハミングの方が出来が良かったと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる