ここから本文です

昔は車の冷却水が減った時には水道水を補充すると自動車学校で習った気がするので...

anm********さん

2016/10/900:06:13

昔は車の冷却水が減った時には水道水を補充すると自動車学校で習った気がするのですが、それは現在では間違いですか?

補足当時の説明では、減ったのは水分だけなので水道水を補充すれば十分ということだったような気がします。

閲覧数:
330
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2016/10/909:31:58

>当時の説明では、減ったのは水分だけなので水道水を
>補充すれば十分ということだったような気がします。
それ、バッテリーの話では?
加えるのは水道水では無く、蒸留水。

クーラントの場合は、普通希釈済みのLLCを入れたり、原液を入れて水で割るとかしますよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mnd********さん

2016/10/909:41:25

>それは現在では間違いですか?

間違いではないですが

当時は
ラジエターに
サブタンクが無い時代の時
朝、エンジン始動前
ラジエター液が減っている状態なので

走行前に、ラジエター本体に
ラジエター液の補充
無い場合は、水の補充が必要


今の車は
サブタンクがあるので
暖気状態・冷間状態でも
ラジエター液の量を
一定に保つことが出来ます

>それは現在では間違いですか? 

間違いではないですが

当時は
ラジエターに...

sum********さん

2016/10/909:35:17

十分ではないと思いますが急場の場合水道水でいいということです。

jyu********さん

2016/10/900:17:47

間違いですが、間違いではありません。
今の車は、リザーブタンクにある程度多めにクーラントと言われるジエチレングリコールが入れてあるので故障以外で減ることは先ずありませんので普通補充することも無いですが、ここで水を入れると冷却性能が落ちたり、防錆効果が落ちてしまうので水を補充してはいけません。
しかし、高回転を全開で使ったままでガスケットが抜けてしまったり、ラジエータやホースに亀裂が入ったりして、冷却経路に異常が発生すると水温計がぐんぐん上がるオーバーヒートと言われる状態になります、こんな時はラジエータに水を掛けて水でも関係なく補充しながら移動するしかありません。
と言う訳です。

sil********さん

2016/10/900:17:39

冷却水は別名不凍液とも言います。
水道水などにすると地域によりますが水が凍ってしまうと水が通るパイプが破裂してしまいます。
また、防錆作用もあるので冷却水は錆を防いでくれます。

応急処置ではいいですが、ベストではありません。
ホームセンターなどに1000円もしないくらいで売ってるものを使うことをお勧めします!

str********さん

2016/10/900:13:37

量に依ります
少量ならば水を足したところでLLCの濃度はさほど変わらないので大丈夫ですが、大量の場合、それを水で補充するとLLCの濃度が下がります もっとも大量に減った場合は「漏れてる」と考えるべきであり「要修理」を前提に水で補充...なら正解とはいえますが

バッテリー液は、水道水中の塩素イオンがバッテリーに悪影響を与えるので水道水はダメです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる