ここから本文です

アウトレイジビヨンドについて 終盤に木村組が関東に進出しましたが、山王会が...

ves********さん

2016/10/2420:45:19

アウトレイジビヨンドについて

終盤に木村組が関東に進出しましたが、山王会が手を出すうんぬんとはどういうことでしょうか??

閲覧数:
597
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bay********さん

2016/10/2506:44:55

あくまでも山王会と戦争をしていたのは「木村組」です。まあ、実態としては木村組は花菱の代理店みたいな立場でしたが。

現に、加藤会長を引退に追い込んだ「手打ち」は花菱と山王会ではなく、木村組と山王会という形でまとまってますよね。
そして関東に進出した木村組の縄張り(シマ)は山王会が手打ちの一貫として用意したものです。
城山新会長の「ウチがやってもいいが」というセリフは、まあ山王会としてはあんな木村組なんか簡単に潰せるが、という揶揄ですね。
木村組は花菱傘下なので、現実問題として山王会は当然手を出せません。それこそ花菱と山王会の全面戦争になります。
いずれ木村組は花菱の手で物理的に潰され、花菱の直参辺りの組のシマに変わると思われます。そこにヘタに介入すれば紛争になってしまうので、続く「巻き添えを食っちまうぞ」というセリフはそういうことです。

質問した人からのコメント

2016/10/25 12:15:10

ありがとうございました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる