ここから本文です

建て売り住宅やローコスト住宅はやはり10年後、20年後に後悔しますか? 絶対に...

アバター

ID非公開さん

2016/10/2923:37:38

建て売り住宅やローコスト住宅はやはり10年後、20年後に後悔しますか?

絶対にデメリットはない!と言い切れるならば

なぜヘーベルや積水などの高いハウスメーカーを買う人がいるのですか



建て売りって土地の値段がほとんどで建物は1000万の価値もない?と聞きますが本当ですか?

閲覧数:
13,932
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vmo********さん

2016/11/410:50:38

建て売り住宅やローコスト住宅はやはり10年後、20年後に後悔しますか?
>後悔しないないためにも、しっかりと色んなことを確認する必要があります。建売でしたら、その住宅での暮らし方、周辺の環境などを考慮して購入しなければなりません。また『ローコスト住宅=安いだけ』ということはないですよ。メーカーによっては質を落とさずに価格を下げる工夫をしています。

なぜヘーベルや積水などの高いハウスメーカーを買う人がいるのですか?
>予算がある方は大手で建てるのでは?

建て売りって土地の値段がほとんどで建物は1000万の価値もない?と聞きますが本当ですか?
>どうでしょうね。建売でもそこそこいい価格の住宅もあります。場所によるのでは?

他にも住宅に関して気になることがあるようでしたら、こういったイベントで質問してはどうでしょう。
http://www.r-plus-house.com/
家づくりのプロが相談にのってくれるで、もっと的確な答えが得られるかもしれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ローコスト住宅」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rir********さん

2016/11/214:46:42

ご近所にローコスト住宅がありますが、

建物が狭いです。

あとは経年で外壁など、

かなり汚れてきます。

あとは、2階の床がきしんだり、

室内が結露しやすかったり、

地震にも強くないように思えます。

サッシやドアなども安価に見えますし、

修理箇所が多くなるのではないでしょうか?

確かに注文住宅も、10~20年経ってしまうと

土地代にしかならないような気がしますが、

土台がしっかりしていたり、

天井が高い、部屋が広い、

床材、サッシ、ドアなど、

高級感がありますし、

積水やヘーベルの家だと

信用されて、高く売れたり

買い手がつきやすいようです。

nag********さん

2016/11/122:22:18

職人さんから聞いた話ですが、参考になれば。

目に見えないところの差はあると思います。
高いと言われているメーカーの現場を担当した基礎屋さんや、大工さんは、高いメーカーは、社内検査がとても厳しいと言っています。誤差の範囲が非常にシビアみたいです。
ローコストと言われているメーカーは、そういったところでかなり劣る部分はあるそうです。

そういうとこまで知って、高いメーカーで建ててる人は少ないと思いますが、安心感を買ってる部分はあるのではないでしょうか。
高いものには、高いなりの理由はあると思います。

wsd********さん

2016/11/109:54:45

築年数の古い建売も多数見かけます。

オーダーメイドとレディーメードの差なのでコスパはいいのでしょう。

主に昭和の時代に質の悪い住宅が供給されていた時期もありましたが、それは日本の場合あらゆる分野に及んでいます。

メイドインジャパンは一頃粗悪品の代名詞でした。
技術がないのもさることながら利益優先で粗悪品を売りまくっていた時期もあります。

1960年のアンケート結果(複数回答)


「どの国の商品が粗悪か」

1位 日本 45%

2位 ソ連 27%

3位 中国 26%

mb3********さん

2016/10/3107:22:00

”建て売りって土地の値段がほとんどで建物は1000万の価値もない?と聞きますが本当ですか? ”

建売というのは土地から利益を出すと高い税金がかかるので、建物の方に利益をたっぷり乗せることになります。ということは、どうしても建物はグレードの低い構造材や住宅設備、内装をしないといけなくなります。「建物は1000万の価値もない?」
状態に近いことになるのは間違いでないです。

建築基準法は家を建てるなら最低限クリアしてくださいという基準なので、建売などはギリギリクリアしてます。使われる構造材などには規制がないので、平気で外材でシロアリが生息してない地域の木材(ほかの回答であるホワイトウッド)を原料に集成材を作り使用してます。建物のほんの一部しか防蟻処理はしませんし、薬の効能も持って3年から10年です。シロアリの被害を受け始めるとあっという間に家はボロボロになります。
シロアリが生息している地域の木は自己防衛の本能でシロアリが嫌がる成分を含んでますのでシロアリに対する対抗力が高いです。

大手のハウスメーカーは大きな会社を維持させるためにやはり、かなりの利益(契約の半分程度)を乗せないといけません。
建売か建売以上にお粗末な家ということになります。
こんな家を買うのは大きな会社が建てる安心感からですね。だから、どんどんTVCMを流し続け、全国各地に豪華な展示場を作り、カタログや粗品を配り続けます。この費用も建てたり、これから建てる施主が負担するのです。

10年後、20年後に後悔される方は多いのではないですか?
よく関連会社の調査で次も建てたハウスメーカーで建てますかの問いにほとんど方がNOと答えるそうです。
建売やローコストメーカーで建てて後悔されている方は多いですよ。

t61********さん

編集あり2016/10/3103:13:51

建て売りも色々ですが、建築基準法を満たしていれば、基本的に注文住宅と差はありません

注文住宅は色々な理想や憧れやこだわりを反映させられる余地があります

また有名ハウスメーカーは、独自の耐震や付加価値として全室床暖房など、コンセプトを決めて住宅を商品化しているので、そのコンセプトにひかれるかどうかもあります

特別な物が必要なく、全て普通でいいなら建て売りで十分です

職人や大工に聞くと、工務店で在来工法で建てるのが一番と言う人が非常に多いです。理由はメンテナンスが容易なことと、宣伝や営業の人件費や人の階層的な構造で、無駄なコストで無駄に高くなる面がないためです

私はこだわりが強いので、建築士と重ねて打ち合わせをした上で、在来工法(普通の木造)で建てました

ただし、床材でも設備機器でも何でもグレードがありますから、建物が安ければある程度、安い材料を使っている場合はあると思います。

逆に建て売りでも、非常ににいい材料や設備機器が付いている場合もあります。

ただそれは質感や便利さの話で、メリットデメリットではありません。

下請けをいじめすぎているために材料をケチったりしていないかという点で、正直、買う側がどこで住宅を買うか判断するポイントは思い当たらないので、そういう心理から、ある程度のブランドに頼るのも仕方がない気はします。

10年20年後は注文住宅だろうと大手ハウスメーカーだろうと建て売りだろうと、様々なメンテナンスや設備機器の入れ替えは必要です。

一つ言えるのは、今の建て売りより構造的に弱い築30年以上の住宅はいっぱいあります。

Yahoo!知恵袋 特別企画

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる