ここから本文です

戦時中のメチルと平成のメチル、濃度が変わったのですか? そもそも、メチルアル...

mer********さん

2016/11/1719:19:27

戦時中のメチルと平成のメチル、濃度が変わったのですか?
そもそも、メチルアルコールは、何がどう変わったのでしょう?
時代とともに、濃度が違うのでしょうか?

それとも、純度が変わって、高度な純度=よく効くアルコールになったのでしょうか?

戦時中は、酒がないからと、隠れながらもよく飲んだとされるお酒です
目が散るからメチルとか?

今回の事件は、夫の日常的な態度に腹が立った奥さんが、悪ふざけでお酒に混ぜただけで、いとも簡単に死亡してしまう事件が起きて吃驚しています
多分、メチルをお酒の水代わりに入れた奥さんも、ストレス解消で、気分が一寸可笑しくなっていたのでしょう。
ただ、ちょっと仕置きというか、悪酔いさせたかったのでしょう。
その奥さんは、アルコールの知識が足りなかったのだと思います
そんな冗談に近い思想で入れたお酒、何故そんなに、効きが良かったのでしょう?
正しいメタノールの知識を教えて下さい
しかし、戦時中のアル中連中が、一気飲みして、目が潰れる位の危険性を生んだだけで、亡くなったことはあまり強くは言い放しませんでした
メチルがそんなに危険なものなら、もっと話し方が違ったような気がいたします
戦時中と現代、何がどう変わったのでしょう?

経口致死量も少なくメタノールを口にすると失明の恐れがあり、大量に飲んでしまうと死に至る危険があるといいます。-➡ということは、大量でなければ、致死量に達しないということですよね
余程純度が高かったのでしょうか?今でも信じられない事件です

閲覧数:
185
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tnm********さん

2016/11/1720:40:21

先ずメタノール・・正式には「メチルアルコール」
示性式(化学式)は CH3OH
そして飲用になる「エタノール=エチルアルコール」の
示性式(化学式)は C2H5OHです

「純度」の問題じゃありません
混入された「メタノール」の量の問題です
メタノールの人への毒性、致死量は
0.3-1.0g/kg程度であるとされています
っていう事は
体重60kgの大人の場合
18g≒18ml程度が混入されたら
死亡する可能性が出てくる

ビールなどで換算すると?
ビールのアルコール(エタノール)含有量が
凡そ6%程度で350ml館には2.16mlほどの絵テノールが含まれている
それと比較したら・・・
18mlのメタノールってかなりの大量になりますね
最近流行りの?焼酎だと
アルコール濃度は25~30%
シングル一杯分(30ml)に含まれるエタノールは18ml

純粋なメタノールを焼酎並みの濃度で飲んだら
シングル1杯であの世行き

ま~~冗談でやるようなことじゃありません
メタノールは「毒物」に指定されていますから
良い気には「髑髏マーク」が書かれています

質問した人からのコメント

2016/11/24 15:00:45

貴重なご回答有難う御座います
仰る通りです。心より感謝致します。今後展開が楽しみです。
今後共ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します
☝( ◠‿◠ )☝
元々、tnmouse1945様の仰る通りです
しかし、人体実験をやった人は、
私同様、戦後の混乱期に育った人が周りに沢山いらしたのでしょう
だから間違った知識を。
また、我等暗記主義で受験戦争世代
その自負もあったのでしょう
自分の知識を疑ることをする年代に達したのかもしれませんね

「メチルアルコール」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる