ここから本文です

ANAがかつて運航してた、A321が復活しましたけど、復活したキッカケとかはあるので...

hos********さん

2016/11/1818:04:57

ANAがかつて運航してた、A321が復活しましたけど、復活したキッカケとかはあるのですか?

閲覧数:
754
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tok********さん

2016/11/1819:28:57

今回導入されたA321ceoは、今後導入されるA321neoに先駆けて導入されるものです。

A321neoは、B767やA320、B737で運航する国内線の後継機種や、将来的な中近距離の国際線機種の主力として位置付けているようです。
A320やB737では小さすぎ、B787クラスでは大きすぎるような路線に導入されるものと思われます。

本来であればA321neoから導入を開始するのが理想なのでしょうが、導入にはそれなりの時間を要するため、その繋ぎとしてA321ceoを一時的に使うものと思われます。既にA320を運航しているANAでは、A321の導入には特に問題は無いのでしょう。

質問した人からのコメント

2016/11/20 13:40:33

A321neoに先駆けて、導入されたものなんですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

paw********さん

2016/11/1823:28:07

単純に書くなら、需給サイズ適合かつ、手頃な機材はA321しかないからだと思いますよ。
ぶっちゃけた話、A321クラスの機材というか、B757やB767-200クラスの機材となると、現状A321のみです。
このクラスの機材という点で考えると、JALとて同じ悩みは抱えていると思いますよ。
B737-800やA320だと座席数は165席前後、その次のクラスは、B767-300で270席で、B787-8だと335席です。
いくらなんでも、間の機材があってもいいと思ってしまうけど、該当する機材はA321だけです。

それと、日本の人口は減り始めてるし、その中でも労働人口の減少が急速に進んでます。
労働人口が減るってことは、お金を稼ぐ人が減るってことだから、当然確実に、利用者の減少に繋がります。
人口減少の点を挙げなくとも、日本の航空路線の搭乗率を見ると、海外のそれと比較すると1割は低いです。
とはいえ、立ち乗り事件じゃないけど、あまりにも機材サイズを落とすと、満席だらけになります。
実際、バブルの頃に羽田~新千歳間だったと思うけど、平均搭乗率が8割を超えて、利便性の高い便は軒並み満席で、ビジネスマンの出張に支障をきたした時期がありましたからね。(これはニュースにもなりました。)

時間帯や向きによっても、搭乗率は変動するから、足して2で割ってじゃないけれど、B767やB787をメインとする路線で、利用者の少ない時間帯や向きのために、投入するため、と思いますよ。

もうひとつ書くとすれば、いまの日本は国をあげて観光立国を目指してるから、それを見込んでの部分はあると思います。
トリップアドバイザーの日本の観光都市ランキングなんて見てると、北海道なんて意外なところが上位に入ってきてるから、色々と戦略を練ってのことと思います。

mas********さん

2016/11/1821:04:44

遅ればせながらの ダウンサイジング戦略でしょう。空気を運んでも1銭にもなりませんからね。A321にしたのは、乗客需要はさほど出ないが、カーゴ需要はそこそこある路線対策だと思います。737は、ばら積みなので。neoが待てない 大口貨物顧客でもあったのでしょうね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる