ここから本文です

自宅の分電盤について質問です。

アバター

ID非公開さん

2016/11/2200:49:23

自宅の分電盤について質問です。

私の実家は築35年程度のかなり古い家です。
先日ふと気になり分電盤の中を見たところ、サービスブレーカーから直に分岐ブレーカーに接続されており、主幹の漏電ブレーカーがありませんでした。
古い家ではよくあることなんでしょうか?
漏電が発生して家事などになっても困るので、自分で主幹漏電ブレーカーを取り付けようと思ったのですが、どの漏電ブレーカーを購入したらよいのかわかりません。契約電流は30Aで分岐ブレーカーは3つあり各20Aです。
契約電流が30Aなので選択する漏電ブレーカーは定格電流30Aのものを選べばいいでしょうか?
あと定格感度電流とは何でしょうか?15mAと30mAとかあるのですが、どちらがよいでしょうか?
ちなみに単相2線式100Vのみの配線です。
下記の漏電遮断器の購入を検討中ですがこちらで問題ないでしょうか?

https://www.monotaro.com/p/3273/9131/

https://www.monotaro.com/p/3763/7862/

かなり前に取得したのですが、一応第二種電気工事士の資格は持っています。

あともう1つ質問です、その分電盤にはアース端子がないのですが、絶縁抵抗計を使用して分岐ブレーカー二次側から測定する際、アース側はどこに取り付けて測定したらよいでしょうか?ネットで検索したところ、一次側の設置側に取り付ければできる的な記事を拝見したのですが、これでよいですか?
もしそうだとしたら、サービスブレーカー、分岐ブレーカー両方を遮断して測定するのでしょうか?
電力会社に問い合わせても教えてくれませんでした。

閲覧数:
482
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aci********さん

2016/11/2208:47:58

東京電力管内で電気工事業をしています。
引き込み委託店として登録もしてあり、電柱に昇って電柱から建物に電線を渡し電気メーターとサービスブレーカーの取付け工事も行います。

私の記憶が正しければ、サービスブレーカーの2次側なら普通の電気屋さんが工事をしても大丈夫なはずです。

昔の分電盤で単2の30A以下なら漏電ブレーカーは付けませんでした。
なので、当時としては問題ない工事と言えます。

取り付ける漏電ブレーカーは、30AOC付きで感度電流は30mAが良いと思います。

定格電流30Aで、OC付きなら30A以上の過電流でも切れますので安心です。
感度電流とは、漏電に対する感度だと思ってください。
15mAと30mAなら、15mAの方が敏感に反応しますが、古い建物なので頻繁にブレーカーが落ちる事が考えられます。

絶縁抵抗の測定ですが。
サービスブレーカーを切って、サービスブレーカーの2次側の接地側をアースとして測定出来ます。
分岐のブレーカーを全て入れたままなら、全回路の測定が出来ますし、全てのブレーカーを切って1個づつなら1回路づつの測定が出来ます。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/11/2218:06:01

    返信ありがとうごさいます。
    純粋に質問内容に答えてくださって感謝します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dek********さん

2016/11/2210:04:29

資格が有っても知識がなければさわらないこと

cou********さん

2016/11/2208:46:43

電気屋です。

ijiwarujijyさんもおっしゃっていますが、二種を持ってるとはいえ、知識・経験の無い工事を単独ですることは非常に危険ですのでお控えすることをおススメしますよ。
ご近所の電気工事店にご依頼ください。

ちなみに、最近うちの会社にも「漏電ブレーカーを取り付けてください」という依頼が非常に多いです。
ご依頼者様に聞くと、保安協会の定期検査の際に勧められたとのことでした。
以前から漏電ブレーカーの設置推進はしていましたが、最近特に力を入れているんでしょうかね?
で、ですね、お客様皆様が口を揃えて言うのは「設備が古いから漏電火災が心配でね~」とのこと。
これは非常に多い誤解ですね。
ハッキリ言って漏電火災と呼ばれるもののほとんどは漏電ブレーカーでは防げません。(全くの無意味とは言いませんが・・・)
話すと長くなるので『トラッキング現象』で検索してください。

漏電ブレーカーの付いていないお客様というのは、設備が古く、計器板にむき出しで組んであることが多いです。
また分電盤が付いていたとしても、回路増設に伴い数回路が盤内に納まりきらずむき出しになっていることが多いです。
そのむき出しになったブレーカーの上部にホコリがびっちり溜まっていることがほとんどです。
火災予防という観念からですと、漏電ブレーカーを取り付けるよりまずこれを改善することの方が先決です。
ですからうちの場合ですと、漏電ブレーカーが組み込まれている新しい分電盤にそっくり取り換えることをお客様におススメしています。

iji********さん

2016/11/2207:18:45

一応第2種電気工事士の資格の方、あなたはできない工事をやろうとしています
幹線工事には携わることはできません
答えを言います
その場合、漏電遮断器を単独で追加はしません
「単相2線式分電盤リミッタースペース付」と言って分電盤ソックリをお買いください
幹線容量30A漏電遮断器付6回路の分電盤が黙って来ます
今単2の分電盤は殆ど需要がないのでどこも種類を作っていないのです
分電盤内に接地端子は付いています
当然接地はされていないので、内線規程に沿って接地を行います
接地抵抗は定められた基準に沿って測定してください
電力会社は登録電気工事業者以外の2種免を持っているだけの方は相手にしません

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる