ここから本文です

厩戸皇子(聖徳太子)について質問です。推古天皇が長生きしすぎて天皇になれなかっ...

アバター

ID非公開さん

2016/11/2206:21:52

厩戸皇子(聖徳太子)について質問です。推古天皇が長生きしすぎて天皇になれなかったとよく言われますが、あの時代は生前譲位という発想は全くなかったのでしょうか? 蘇我氏は開明的な氏族でしたし、推古天皇も結構な高齢だったので、生前譲位の制度を導入して、途中で何とか厩戸皇子に皇位を譲る訳にはいかなかったのでしょうか?
崇峻天皇も、生前譲位の制度があれば殺さなくても退位を迫れば良かったと思うのですが…。

あの頃に生前譲位は全くありえない発想だったのですか?さすがの馬子や推古天皇にも思いつかなかったのでしょうか?

それと、厩戸皇子には自殺説があるらしいですが、この説の信憑性は?あと何年か生きれば天皇になれたかもしれないのに、わざわざ自殺する理由もないと思うのですが。

閲覧数:
206
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

num********さん

2016/11/2213:48:42

開明的とは言っても、本場中国にも生前譲位の考えはありませんから、
そのような発想はなかったでしょうね。

後の日本でもそうであるように、元天皇と現天皇をどう扱うのか、
政治的なバランスが複雑怪奇になるだけの施策ですので、
中央集権体制が整ってもない革新期に導入すれば混乱を招くだけです。
当の3人は皆聡明でしたから、発想があっても採用はしないでしょうね。

中央集権を目指す聖徳太子と豪族の蘇我馬子では
利害の対立する施策もあったでしょうから、
推古天皇が上に立って均衡を図るのが最良だという判断が優るはずです。

聖徳太子の最期には確かに不審な点が多いですから、
自殺はともかく、望まぬ死だった可能性はあります。
>あと何年か生きれば天皇になれたかもしれないのに、
わざわざ自殺する理由
天皇にしても社長にしても、権力の頂点が居心地の良い場所である
保証はありません。現代でも、社長や次期社長候補が自殺なんて
ざらにあることです。若い頃から権力の中枢にいて未曽有の大変革を
遂げてきた彼の精神が長持ちしなかったという仮定は、
充分にあり得る話だと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2016/11/28 07:42:28

皆さん回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tri********さん

2016/11/2215:13:12

想像ですが、推古天皇は娘(菟道貝蛸皇女)と、厩戸皇子との
間に皇子が誕生していたら譲位をしていたかもしれません

もっとも、押坂彦人大兄皇子にも娘を婚姻させていたりします。

結局 敏達天皇と推古天皇との間の子孫は皇位継承がされなかった
のが心残りだったのでしょう。

mas********さん

2016/11/2214:04:13

天皇にならなくても好き勝手な人生送れました。

叔父さんみたいに殺されちゃう、よりはましだと思うね。

yut********さん

2016/11/2207:14:18

聖徳太子は架空の人物なので、天皇にはなれるわけがなかったのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる