ここから本文です

9㎜けん銃の高価格が89式ほど問題視されない理由。 拳銃なんて何でもいと思うんで...

itameshi23さん

2016/11/2604:38:29

9㎜けん銃の高価格が89式ほど問題視されない理由。
拳銃なんて何でもいと思うんですけど高額の9mm拳銃を使い続けるのは防衛利権ですか。

閲覧数:
42
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/11/2610:24:49

ミネベア製の9mm拳銃(SIG220のライセンス生産版)の24年度の調達価格は1丁22万円です。

そして昨年度あたりから購入されているSIG社純正のP226がやはり20万円ほどだそうです。


アメリカの銃砲店にイチゲン客が行ってP226をくれと言えば、定価で12万。
定価で売る店なんて無いですから8~9万円が実売価格です。
イチゲン客が1丁だけ買ってですよ?

国家が数100丁単位で買うと言えば、当然ながらもっと安いですよね。



つまり、『誰かが』抜いているわけです。
ポッポナイナイ。
武器として最小単位の小銃と拳銃でさえこれなんですからね。
防衛予算5兆円のうち、本当の資産価値としてはいくらなのか?

質問した人からのコメント

2016/11/26 10:29:09

すばやいご回答をありがとうございます。
個人向けのばら売りでも新品で10万円未満なんですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2016/11/2607:56:29

別に更新するほど個々の拳銃が消耗してるわけじゃないし、1丁10万なら別にさほど高くない。戦闘職種の自衛官すべてに配備するわけじゃないから別に少し高くてもそこまで問題ない

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。