ここから本文です

落語の「芝浜」で、なぜ題名の芝浜の場面をカットする噺家がいるのでしょうか?

hon********さん

2016/12/120:12:08

落語の「芝浜」で、なぜ題名の芝浜の場面をカットする噺家がいるのでしょうか?

ここをカットしたら芝浜の意味がないような気がするんですけど。

聴くと古今亭志ん朝とか三遊亭圓楽(5代目)はカットしていますね。
女房から起こされて出て言って芝浜のシーンはなく、いきなり帰ってくるところからでしたし。

立川談志とか柳家小三治とか小さん門下の噺家は、芝浜で煙草呑んだりするシーンも入れていますけど。

閲覧数:
652
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ura********さん

2016/12/122:36:14

なにもタイトルに忠実に演じる必要はないからです。

落語の演目名というのは、小説や作文のタイトルとは違って、
後の出番の人が、同傾向のネタを避けるためにネタ帳を見て
「あ、この噺が出たのか」とわかれば良いのです。

質問した人からのコメント

2016/12/8 14:15:58

一番最初にご回答を頂いた方にベストアンサーを差し上げます
どうもありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jf2********さん

2016/12/608:09:23

宮戸川なんて、川の出てくる前に終わっちゃう噺家さんばっかりです。

kir********さん

2016/12/514:56:09

タイトルにもなっている重要な場面だからこそカットすることで、いっそう引き立てるという狙いでは?

yar********さん

2016/12/412:19:25

私はその部分をカットした志ん生の芝浜のカセットをずっと聴いていたので、
質問者さんとは逆に、カットしないバージョンを初めて聴いたときは「長くなるから、わざわざ財布を拾ったところからやらなくてもいいのに」と思ってました。

今はどちらもアリだなと思ってます。

財布を拾うシーンを演じることでリアリティは出ますけど、夢オチの演目だと夢でもリアリティありますから、演じた=真実とはいいきれません。

財布を拾ったのが夢か現実化は女房が告白することでしか判明しないのですから、演者がどのように構成するかでカットする・しないを決めればいいかと。

志ん生は文七元結でも、吉原でお金をもらう場面をカットしてましたね。
私はそういう構成が好きですが、娘が父親を諭すシーンも好きなので、どちらでも楽しめます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

wag********さん

2016/12/407:38:06

そんな噺は幾らでも有って、宮戸川なんて後半を演じる事は殆ど無いので、何でそんな題なのか判らなかった。

sei********さん

2016/12/201:02:09

時間の問題もあるでしょうが、この噺は「ラスト寸前まで夢である」形で描かれています。

常識で考えれば「拾ったのは夢で、飲み食い騒いだのは現実」といわれて心から信用する亭主が、いるでしょうか。
冷たい水の中で財布を見つけた感触は、たとえ酔った頭にも残っているはずです。

つまりこの噺は、ふたつの表現方法があります。
1.すなおに女房の意見を信用して心を入れ替えて働く
2.疑問は常に持っているが、借金返しに働く

1は、いわゆる演じやすい方法です。話がわかりやすい
2は難しい。夢だ夢というバイアスが常に働かないとそれが継続しない。
其の噺の流れを理解していなければ、こら演じようがない。

私は個人名的に、女房が白状する場面で、もっと暴れる亭主がいておかしくないと思うのですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる