ここから本文です

町に建ってる中波のアンテナはダイポールですが,ループ式アンテナは中波の送信に...

hit********さん

2016/12/714:20:37

町に建ってる中波のアンテナはダイポールですが,ループ式アンテナは中波の送信には適さないのでしょうか?

送信アンテナについて調べてみてもなかなか見つからないので質問しました.
たとえば1MHzの送信では,1/2ダイポールアンテナでは150メートルほど必要ですが,ループ式にしたらコンパクトで効率の良いアンテナが作れるのではないでしょうか

閲覧数:
156
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ino********さん

2016/12/717:25:53

>町に建ってる中波のアンテナはダイポールですが

それは珍しい。
どこの町に建ってますか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oda********さん

2016/12/806:41:16

中波帯は遠距離まで伝搬させることを目的とせず、主に近距離をサービスエリアとするための周波数帯です。そのため極力打上角度の低いアンテナを採用して地表波を多く放射するようにしています。

ダイポールアンテナで打上げ角度の低い電波を放射するためには地表から相当高い位置にエレメントを張らなければなりません。このような理由から中波帯ではダイポールアンテナの採用例は多くありません。

ループアンテナにすると更に高い位置にエレメントを張る必要があり、鉄塔を含む設備全体としては決してコンパクトにはならないと思います。

この外にダイポールやループアンテナは指向性があるため、全方向に放射する場合には2本以上のアンテナを張り指向性を無くすような工夫が必要になりより大きなアンテナ設備となります。

短波帯において積極的には電離層の伝搬を利用する場合は余り打上げ角度が低い必要が無くなるので、ラジオnikkeiの送信所ではループ状の折り返しダイポールアンテナを採用しています。

ネットで「ラジオnikkei 根室送信所」を画像検索するとアンテナの形状がよく判ります。

bak********さん

2016/12/719:58:15

町に建っているアンテナがダイポールだという、根拠を言ってみな。話はそれが済んでからだ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

gog********さん

2016/12/717:22:39

「町に建ってる中波のアンテナはダイポールですが」

今時の中継局はそうなのですか?。中波放送のアンテナは大抵は接地型で、容量環で高さを節約したバーチカルアンテナが使われていると理解していますが。

「ループ式にしたらコンパクトで効率の良いアンテナが作れるのではないでしょうか」

小型のループアンテナは、同調に必要なコンデンサに高い耐圧が必要で、放送出力に耐えられるものが得にくい、天候などの環境変化で同調周波数が変わるので調整機構が必要、インピーダンスが低く大電流が流れるので損失が大きい、などの理由で、低い周波数帯の放送には不向きなのではないかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる