ここから本文です

遺伝子発現についてわからないことがあります。 遺伝子の発現はその遺伝子によ...

ryj********さん

2016/12/1110:15:13

遺伝子発現についてわからないことがあります。

遺伝子の発現はその遺伝子によって、
発現する時期や期間、場所がある程度決まっている、ということを知りました。

そこで質問なのですが、例えば、とある酵素Aが変異している植物を育てたとします。
(酵素Aは変異すると機能を失う)

いま、酵素Aが発現する時期を植物の発芽後2日~6日の間であるとすると
発芽後7日目以降は植物はどうなるのでしょうか?
変異していない正常な酵素Aが作られることなどあり得ますか?


あと、もう1つ質問ですが、
その遺伝子がいつ、どの組織で発現するのかがわかるデータベースのようなものはあるのでしょうか?

かなり初歩的な質問かもしれませんが、わかる方がいましたら
教えてください。よろしくお願い致します。

閲覧数:
115
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nao********さん

2016/12/1113:13:09

charlie04hfさんが示しているように、酵素Aの冗長的な遺伝子が機能を重複していることは起こり得るでしょう。


データベースについてになります。
genevestigatorは有料ですが、試用で短期間の利用なら可能です。
https://genevestigator.com/gv/
ある程度の植物種には対応していますが、
使用する植物種によってデータベースを検討したほうが良いと思います。

話の本筋から離れますが、
例えの話と思いますが、発芽後2日~6日に高いというのは気を付けたほうが良いです。
植物体全体で発現を比較した場合、芽生えの段階は子葉や分裂組織を占める割合が、成長した植物体と比べて多く含まれます。この遺伝子Aが組織の限られた部位(子葉、分裂組織)で発現している場合、若い植物で見かけ上高くなる可能性があります。

経験的にデータベースはあまりあてにならないので、
自分自身でプロモーター活性や発現を定量したほうが良いと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

charlie04hfさん

2016/12/1112:27:19

ryj101520さん

>酵素Aが発現する時期を植物の発芽後2日~6日の間であるとすると
>発芽後7日目以降は植物はどうなるのでしょうか?
>変異していない正常な酵素Aが作られることなどあり得ますか?
発現する時期が発芽後2日~6日ならば、変異があろうがなかろうが
7日目以降に発現することは本来ありえません。
万一発現制御機構が変異を受けて7日目以降も機能を失った酵素を
発現・生成していたとしても、遺伝子そのものが変異して機能を
失っているのですから、正常な酵素Aが作られることはありえません。

ただ、酵素AのアイソザイムA'が存在する場合、酵素活性としては
見かけ上Aの予想外の時期に酵素活性が発現している、ということが
ありえます。

>遺伝子がいつ、どの組織で発現するのかがわかるデータベースの
>ようなものはあるのでしょうか
ヒトの臓器別の遺伝子発現のようなものは、病気との関連から
多くのデータがとられていてデータベースの形になっているものも
あるようですが、申し訳ないのですが私は植物のそういったデータベース
があるかどうかは知りません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる