ここから本文です

過払い金について教えてください ラジオとかで聞いてて思ったんですが 今年だ...

kei********さん

2016/12/2922:00:04

過払い金について教えてください

ラジオとかで聞いてて思ったんですが
今年だけでも1万件とか受任したとありますが
前にテレビで見たら最高裁判決が出てから今年で10年経過して

平成20年くらいから適正金利で取引してる業者が多いとのことですが
そうなると平成18年から新規借り入れして平成27年に完済して過払いをした場合
18年~20年の2年間において過払いが発生してる可能性が高いということなんですか?

閲覧数:
175
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jou********さん

2017/1/323:39:45

グレーゾーン金利という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?
出資法と利息制限法という法律があり、各々で規定されていた
上限金利が出資法では高く、利息制限法では低かったのです。
その金利差をグレーゾーン金利と呼ばれ社会問題になりました。
多くの貸金業者は当然、出資法での高い金利で貸し出していたのです。
最高裁判決によって出資法での規定は無効とされ、且つ利息制限法での
金利を適当としたため、低い金利での引き直し計算分を過払い金として
返還するよう、最高裁判決が出ました。

まず質問者様が平成18年に契約した際の金利は何%だったのか。
さらに途中で金利変更の契約をし直したのかによります。
平成27年に完済とのことですので平成37年が質問者様の期限になります。

質問者様のおっしゃる通り、現在ではグレーゾーン金利は廃止され
貸出利息は1本化されています(大体18%を上限にしているところが多いようです)。
当時末期のサラ金の多くは30%未満を上限としていましたが、
そうした動きを知ってか大手銀行の個人向け小口融資はいち早く
18%での商品を展開していました。
その結果、大手サラ金は銀行傘下に吸収され中堅以下は撤退、また大手の武富士は
いち早く破産申し立てという計画的とも取れる動きをしました。

まず契約時の契約書を準備し、契約利率を確認して下さい。
わからなければ無料の地域弁護士会の相談会、法テラス(個人的にはお勧めしません)
などにご相談することをお勧めします。CM弁護士事務所や司法書士は引きますね…
できれば司法書士よりも弁護士へのご相談をお勧めします。司法書士にも債務整理の
権限を付与されていますが制限があります。

質問した人からのコメント

2017/1/4 10:33:45

詳しくありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる