ここから本文です

ADHDのものです。私は小学生の時にADHDと診断されました。自分でも自覚しているの...

アバター

ID非公開さん

2016/12/2502:01:11

ADHDのものです。私は小学生の時にADHDと診断されました。自分でも自覚しているのでこれからADHDの薬物治療や自分の努力で少しでも対策していきたいと思ってます。よくADHDの人は興味あることに

はとことん集中して能力を発揮することができると言われてるけど、私には興味あることがありません。しいていうならばカラオケや歌を歌うことが大好きで家でも歌ってたりとにかく歌うのは大好きってくらいです。(別に上手なわけでもありません)
この先の自分の将来がすごく不安でしょうがないです。仕事や友情関係すべてにおいて中途半端で落ちこぼれの人生になるのがすごく怖いです。今がっこーでも友達とかによくわからない人間、何考えてるかわからない人間、不思議ちゃんと思われてて友達関係も充実してなくてすごくさみしいです。家族にも迷惑かけてばっかりで正直悔しいです。
自分を変えるチャンスが欲しいです。ADHDの人が進むべき道とかあるのでしょーか。

閲覧数:
112
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2016/12/2523:58:44

人間の人生を決めて行くのは、
あなたの意識のその奥にある無意識の中の姿勢にあります。

無意識とはいえ、意識されている所と無縁でもありません。
ですから皆、必死で「良い方向へ」変えようと、
それこそ意識しようとしまいと先ず自分の「在り方」から変革や努力をしているのです。

仏典何かでは人間はその為に生まれて来たと云う様です。
生きて居る間にしか自分の生命の変革は出来ないからです。
人間の人生の7割は生まれた時から決まっていると云います。
残りの3割を泣きの涙で必死にその決められた人生からの改革を試みるのだといいます。
要するに人間はその為に不断の努力を絶えずしなければ、
7割という生命の傾向性はなかなか変えてはイケないという事です。

さて、今、基本的な哲学として、
その無意識を変革して行くべく深い所で「繋がりを持った意識下」での
出来る事では、自分の幸不幸だけを考えるのではなく、
自分と同じ位、他人の幸不幸も同時に考えて行ける、
そんな哲学を根底に敷くと云う生き方の中に、
世間、否世界すら要望して止まない「人間性」が在るのではないでしょうか。

その為には強く「強気」で無ければならないでしょう。
本当のあなたにとっての幸せは、貴方自身が「強く成る事」です。
そして、他者をも幸せにして行ける人間になって行った時にはじめて、
あなたらしく、そして周りとも幸せな道が開けて行くのではないでしょうか。

人間は「個」と云うより「関係性」です。
でも自分自身が強くないとたちまち立ち行かなくなります。
その為に賢さも大事ですが、何をするにもその根底で最も大事なのは
「どれだけ忍耐強いか」で決まって来ます。

沢山の読書もしてください。
私がお勧めするなら今思いつくところで「山本周五郎」等はどうでしょうか。笑
生きて居る以上、悩んでいるのは皆同じです。
人間、「生きて居るだけ」で悩むものです。生老病死の「生の悩み」です。
特に若い人はあれこれ悩まないとイケないと云われます。
悩んで当然です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる