ここから本文です

皮肉な話です。

アバター

ID非公開さん

2016/12/2717:31:09

皮肉な話です。

第二次世界大戦では粛清,迫害などで沢山の命が失われました。
皮肉なことですがスターリンの大粛清は自分の意見に賛成しない奴を粛清した。これは結果的にはスターリンには意味のある事
旧日本軍がアメリカには勝てないと言った人を殺すやつがありましたよね、あれも結果的には意味がある。
米軍が広島にリトルボーイ,長崎にはファットマンを落としたのは威力が知りたい,これ以上米兵を失いたく無い,ソ連より凄くなりたい的なイメージがあります。
しかしヒトラーが行ったユダヤ人迫害は何の意味もなく無いですか?皮肉ですが意味を教えて下さい

スターリン,ユダヤ人,ヒトラー,ユダヤ人迫害,ファットマン,リトルボーイ,ゲルマン

閲覧数:
825
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hds********さん

2016/12/2717:35:07

そういうのは自分で考えて答えをだすものですよ。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/12/2717:41:54

    ヤフー知恵袋がある意味理解してます?貴方の回答見るとそういう回答ばっかしているのが分かります。それ見て思うのですが回答する意味ありませんよね?そんな時間あるのなら、ネット上での人との触れ合い方を調べれる事をお勧めします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ste********さん

2016/12/2907:47:39

コールオブデューティ最高!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mok********さん

2016/12/2721:04:26

ヒトラーはユダヤ人を絶滅させて世界史から消し、ユダヤ人という民族がいたことを人類の記憶から消し去りたかったのです。
そしてゲルマンの一人勝ちを目指したのです。ゲルマンこそ世界一という宣伝を世界中に発信した。世界中を盲従させたかった。

ロマ人も絶滅させ
スラブ人、ポーランド、ロシア、セルビア人などの優秀な人は全部消しアホな人だけ残し奴隷にしたかったのです。
ウクライナの広大な穀倉地帯をゲルマンのものにしバクー油田ルーマニア油田、ドネツク炭田みな欲しかった。とりわけ中央ヨーロッパ最大の鉄と石炭の産地を手にするため「ヴィトコヴィッツ製鉄所」が欲しかった。ヴィトコヴィッツ製鉄所のオーナーはロスチャイルドだった。
実際ポーランドの村中殺してドイツ人を次々入植させてました。

宿敵ソ連を片づけろ!
ソ連の広大な国土はすべてドイツのための穀倉地帯でなければならず、スラブ民族は食料生産に従事する奴隷でなければならなかった。
「イギリスなどもうどうでもよい。それよりもソ連をたたく方が先決だ。ソ連はスターリンの粛正のために、政治機構は麻痺し、国力は見かけ倒しになっておる。後はただドアをけるだけでよい。我が精強なるドイツ軍がなだれこめば、腐りきったソ連などたやすく崩壊するであろう。そうなれば、イギリスなど自然と我が第三帝国になびいてくるのだ」
ソ連兵を殺しまくった。

ドイツは世界に冠たるわがドイツを作りたかったのです。
https://www.youtube.com/watch?v=J3VNUjDLUH0

東欧のユダヤ村は徹底的に破壊されましたが、それでもリトワニア、ポーランド、ルーマニアなどのユダヤ村は全滅までいってないそうです。

一方ギリシャのユダヤ村はエーゲ海の島々の1つ1つをシラミつぶしで探して回り破壊しつくした。ギリシャの生き残りユダヤ人が死に絶えればそれで古代からきづいてきたギリシャのユダヤ文化は終わりだという。
ヨーロッパのユダヤ人の足跡を消し去ってゲルマン、バチカン、ルター支配の世界をスタートさせる。ユダヤの富は全部せしめる。


スペインポルトガルもイベリア半島のユダヤ人を焚書坑儒にしユダヤ文化を破壊しつくした。ユダヤ教最大の危機だった。それでもあの時アルジェリアに逃げてたスペインユダヤ人がスペインに戻ってセファラデイム文学をよみがえらせつつあるという。
ユダヤ人を殺して財産略奪するのははスペイン、ポルトガル、ロシア、ドイツ、いっつもやってきたことですが。ヒトラーは大掛かりでやったまでです。

ヒトラーはユダヤ人を絶滅させて世界史から消し、ユダヤ人という民族がいたことを人類の記憶から消し去りたかったのです。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

mas********さん

2016/12/2719:41:00

ユダヤ人は全人口の0.2%しかいませんが、ノーベル賞受賞者の20%を占める優秀な
民族です。第二次大戦前、この優秀な民族は固有の国家を持たないが故に国家の枠組みを飛び越えて連携することで命脈を保ってきました。日露戦争で大日本帝国はロスチャイルド家の計らいで戦費を賄うことができましたが、これはロシアロマノフ王朝
が行ったユダヤ人迫害(ポグロム)への対抗措置でした。

ヒトラーは著書のなかで、いずれ資本主義によって人類は金融の奴隷となり、その頂点に君臨するのがユダヤ人であると書いています。第一次大戦はユダヤ人のプロパガンダによって世界大戦に発展したというのが彼の主張でした。

曰く「ユダヤ民族は、領土的な意味での国家建設を遂行することができない。そこで、自身の存在を支えるものとして、他の民族の業績や創造的活動が必要となってくる。ゆえユダヤは、存在そのものが、他民族の生命の内部に入り込んだ寄生虫的なものとなる。したがってユダヤの生存競争の究極の目標は、生産力の活発な諸民族を奴隷化することとなる。この目標は、古今を通じて現実にユダヤの生存競争を代表してきたものであり、その達成のためにユダヤは、その性格の複合体のなかに隠し持ったあらゆる武器を利用するのである。」

ただし、ヒトラー自身がこの主張を自分で信じていたかどうかは疑わしいと思います。彼が政権を取った最大の目的はドイツ人の生存圏の獲得です。これを実現するためには既に多数のドイツ人が移民として入植しているチェコからコーカサス回廊に至る地域を奪取することが最も現実的だったのです。そしてそこはまた多数のユダヤ人が暮らしていた地域でもあるのです。コーカサス回廊には当時世界最大の油田地帯があり、そこを押さえるためにはアラブ社会との協力は欠かせません。第一次大戦後、アラブ社会はイギリスに裏切られ高まるシオニズム運動に危機感を募らせていました。ユダヤ人の排斥は生存圏の獲得とアラブとの共闘という命題を両方とも満たせる方策だったと言えます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる