ここから本文です

一問だけ教えてください。

アバター

ID非公開さん

2017/1/309:13:18

一問だけ教えてください。

全部正しく見えて困ってます。 答えだけじゃなく
理由が知りたいです!!
解説、解答よろしくお願い致します

補足わかりやすい解説お願い致します

解答,解説,女性率,濃い塩水,薄い塩水,答え,理由

閲覧数:
18
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pro********さん

2017/1/310:41:46

計算途中で人数に矛盾が出ても気にしないで下さい。
比べるべき数字を並べれば感覚的に理解出来、その方が早いです

2011年度の申込、女性申込、合格、女性合格をそれぞれ100人と仮定します。

1.2011年は100人中100人100%合格、
2015年は111人中102人合格(9人失格)
2015年の方が合格率は低いです。よって×

2.2015年は102人中100人が女性(2人男性)
2014年は102人中115人が女性(男性いない)
2014年の方が女性率は高いです。よって×

4.問題の右端が欠けて読めません。
2011年100人中100人合格
2012年83人中95合格
2013年82人中101合格
2014年88人中102合格
2015年111人中102合格(9人失格)
最も競争率の高いのは2015年です

5.2011年は女性100人中100人合格
2013年は女性78人中100人合格(22人は2回合格)
2013年の方が女性の合格率はいいですね。よって×

3.この問題が一番難しいかな?これも並べればある程度想像出来ますが、
2011年100人中100人女性
2012年83人中81人女性(2人男性) 女性は減り男性は増えた→女性率は減った
2013年82人中78人女性(4人男性) 女性は減り男性は増えた→女性率は減った
2014年88人中82人女性(6人男性) 女性4人増え男性2人増えた
ここら辺で女性率が減ったかわからなくなるかと思います。

ここで分かり易くする為に、考え方を変えてみます。
薄い塩水に、濃い塩水を足すと、塩水は濃くなります。
濃い塩水に、薄い塩水を足すと、塩水は薄くなります。
低い女性率に、高い女性率を足すと、女性率は高くなります。
高い女性率に、低い女性率を足すと、女性率は低くなります。

82人中女性78人(男性4人)と、増えた女性4男性2人は、どちらが女性率が高いのか
女性4男性2に 2を掛けると 女性8男性4ですね。
女性78男性4より女性8男性4は女性率が低いです。
2013年→2014年は女性率のより低いグループを足したので、女性率は下がった事がわかりました。

同じく
2014年88人中82人女性(男性6人)
2015年111人中99人女性(男性12人) 女性17人男性6人が増えた
女性82人男性6人 女性17人男性6人 女性率の低いグループを足したので、女性率は下がりました。

毎年女性率は下がりましたので〇です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/1/311:03:00

    ありがとうございます^_^助かります!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/1/9 20:25:06

ありがとうございます

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる