ここから本文です

大塚家具についてです。

oya********さん

2017/1/422:32:03

大塚家具についてです。

90年代に入り業績が伸び悩み始め、92年に小規模な店舗を順次閉鎖し、代わって東京や大阪などの大都市中心に、品揃えの豊富な大型店舗を出店する方針に転換した。
とあります。大型店舗の方がなぜコストが安いのですか?

またこれに反発し取引を打ち切る家具卸が続出したそうなのですがなぜ反発したのでしょう?
教えてください。

また大塚家具の売り手とは何を指すのでしょうか?

閲覧数:
133
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2017/1/515:22:57

大規模店舗は床の坪当たりコストが下がります。物流などの面でも集約化によりコストダウンが可能となります。

「また大塚家具の売り手とは何をさすのでしょうか?」------ご質問の趣旨が分かりません。自分で読んでこの日本語理解出来ますか?

質問した人からのコメント

2017/1/5 23:26:34

確かに意味不明ですね
回答ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yak********さん

2017/1/515:07:02

お店を運営するには管理部門のスタッフが必要です。
小規模店舗とはいえ、管理部門スタッフ無しと言う
わけには行きません。

例えば小規模店舗を10軒持っていたとして、それぞれの
店舗に管理部門のスタッフが2人ずついたとすると、
トータルで20人必要です。

10軒の小型店を1軒の大型店に統合すると(大塚家具
の大型店舗はデパート等の施設に出店したので、既存店
の10倍以上の大きさでした)店舗は1なので管理部門の
スタッフは20人は必要ありません。例えば10人で済み
ます。そうなると10人の人件費がコスト削減できた
ことになります。

そういうことです。

家具卸が反発と言うか離反したのは、今までそういう
家具販売店は存在しなかったので成功するわけがないと
踏んだからでしょう。取引先が倒産すると卸しは大損
しますので。

「大塚家具の売り手」という文言はご質問の前文には
登場しないので前後関係が分かりませんが、販売員の
ことでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる