ここから本文です

パラジウムの指輪について質問です。先日結婚指輪を探しに妻とあるジュエリーショ...

アバター

ID非公開さん

2017/1/622:17:29

パラジウムの指輪について質問です。先日結婚指輪を探しに妻とあるジュエリーショップへ行きました。指輪の第一条件としてアレルギー性の少ないものを探しており、店員の方からパラジウムの指輪をすすめられました。

『低価格でアレルギーはほとんど出ませんのでおすすめです。』と言われ気に入ったデザインのものを選び契約しました。その後インターネットなどを見るとパラジウムは『むしろ金属アレルギーを起こしやすい素材』として紹介されていて、驚きました。

購入前に何度もアレルギーは本当に大丈夫かと店員の方(アドバイザーの方)に質問し、『ほとんど大丈夫です。』と言われていたので、その時自分で調べなかった事に後悔しております・・・
選択肢の中にプラチナなども入っていたので、アレルギー性が強いとわかっていれば、選ばなかったと
思います。(ちなみにその店のホームページにもパラジウムについては「プラチナよりも硬く、軽くてアレルギー性も少ない低価格素材『パラジウム』」と書かれていました。)

納期は年末年始を挟むとの事で、まだ2週間程あるのでできればキャンセルをしたいのですがこの場合はお客様都合でのキャンセルとなってしまうのでしょうか?
また、このようなネットでの情報などでは、返品理由としては弱いのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

閲覧数:
733
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

comcombusanさん

2017/1/713:02:32

宝石店勤務です。
アレルギーが何に反応するかによりますがパラジウムはプラチナ、K18どちらにも割り金で入っています。
純度が高ければアレルギーがでにくいかと言えば純度が高くなると金属が柔らかいのでまた別の問題も出て来ます。
Pt950もありますがアレルギーが出ないかと言えば答はNoです。

チタンやタングステンもアレルギーが起こりにくく安価で一時期つけている人を見かけましたがもし抜けなくなった時に非常に硬いので通常のリングカッターで切断出来ないのでもしもの時にどうなるかはわかりません。

ご結婚指輪を悩まれる気持ちはわかりますがそれぞれの金属に一長一短あり、ご自身で調べた上で不安になったので
あればキャンセルは可能かと思います。
出来るだけ早めにキャンセルもしくは加工をストップして貰った方が良いですよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ring_slimさん

2017/1/908:36:55

回答が遅れてしまいましたが、その後どうされたでしょうね?理由の如何を問わず返品に応じるかはショップの方針に委ねられますから、単純に「不安」「不快」でも返品を受け付けてくれるところもありますし、訴訟でも起こされなければ返品に応じないようなショップもあります。

金属アレルギーについては曖昧な風聞が飛び交っていて、ネット検索でも知ったかぶったような説明ばかりが目に付きます。情報過多の時代ですから、何が正しいのかを判断するのが一つのスキルとして必要になるかも知れません。

ショップの店員さんがどこまで理解して『ほとんど大丈夫です。』と言われたのか解りませんが、その言葉を事実とは異なると決め付けるのは難しいです。一般的に金属アレルギーを起こしやすい金属と言われているものは、「体内に入った場合にアレルギー反応が起りやすい金属」のことを指すからです。つまりパッチテストなどのアレルギー検査で、統計的に陽性であると認められる割合が高い金属だということです。

たとえば金(ゴールド)もアレルギーが起りやすい金属で、パッチテストで金に対して陽性反応が出る人は少なくないと思います。しかし実際には金で金属アレルギーを起こすのは稀で、むしろ少数派のケースだと言うことができるでしょう。これは金が他の金属と比べて、極めてイオン化しにくい(溶け出しにくい)金属だからです。金にアレルギーがあっても、溶け出して体内に入らなければアレルギー反応は起りません。

同様にパラジウムはアレルギーが起りやすい金属ですが、金、プラチナに次いでイオン化しにくい(溶け出しにくい)金属です。通常の使用でパラジウムが溶け出して体内に吸収されるということは極めて考えにくいので、『ほとんど大丈夫です。』と言っても間違いではないと、私は考えます。

パラジウムに関しての金属アレルギーの問題は、歯科業界から広まったもののようです。装身具のように体の外側に装着するものでなく、常に口腔内に入れておく金属素材として、もし溶け出した場合に害になるかも知れない金属を使用するのは良くないのではないかという議論が高まったため、パラジウムを使用しないことを決めた国もあるということです。それが「パラジウムは危険」と短絡した情報となって広まってしまうのは、ネット社会の問題点だと思っています。

norix_0101さん

2017/1/817:51:41

それ知ってたら買わなかった。
これが消費者契約法にもあるんです。
重要事項の説明漏れや間違いがあったら取り消しを求めることはできる。

将来、病状が出るかどうかなんて想像でしかない。
それを断定的にいうのも業者の落ち度で解約できます。
どちらも消費者契約法4条。

プロフィール画像

カテゴリマスター

onyanco415さん

2017/1/706:59:08

お店の方のパラジウムがアレルギーを起こしにくい素材というのは間違ってますが、では何を選ぶのかとなったら…。

金属アレルギーを今実際に発症されているわけではないのなら、いつか起きるかもしれない…。これは誰にもわからないのですよね。

正直言って、プラチナを選ぶとしたって、今流通しているPt900は殆どパラジウム割です。10%パラジウムが入ってるのでプラチナだってそのパラジウムがアレルゲンになることもあるわけです。もちろんプラチナにアレルゲンになる場合もあります。

金でも割り金に銀と銅が入っています。金も銀も銅もアレルギーを起こす人もいます。銀も銅もパラジウムよりアレルギーを起こしやすい材料です。

アクセサリー材料に使われる中で一番アレルギーを起こしにくい物を選ぶとしたらチタンとか、医療用にも使われるサージカルステンレスとかになってきます。

今実際にアレルギーを発症してないのであれば、いつか、もしかしたら起きるかもしれない、もしかしたら一生起きないかもしれないアレルギーを気にしすぎではありませんか?

とりあえず、アレルギーを起こしにくいということで注文したものが納得できないならキャンセルをお早めに。
Pt900にでも変更されたらいかがですか?

ちなみに、私がデザインしているマリッジはPt950ですが、マリッジを着けて1年ぐらい経ってプラチナ金属アレルギーが出たお客様がいまして、その場合Pt950のリングを下取りしてK18でお作り直しをさせていただきました。
アレルギーが起きてからでも、色んな対処はできると思いますよ。

2017/1/705:39:43

パラはアレルギーを起こしやすい金属です。

歯科のインレー・アンレー等の俗に云う銀歯にはパラが使われているのですが、奥様は現在そのような治療はされていないのですか?
たぶん店員も、歯科で使われている金属だからほとんど大丈夫と言われているのかとも思います。

現状大丈夫であれば、ある程度は大丈夫とは思いますが、将来において絶対ではないので、それを理由にキャンセルされるのは可能だと思います。

nyarannyanyaさん

2017/1/702:17:37

大体のお店は、信用を落としたくないのでキャンセルさせてくれると思います。
ただ、ネットが正しいのか、アドバイザーが正しいのか?どちらが本当かはわかりかねるので交渉次第でしょうね。

とにかく日が立たないうちに、早く話をした方が良いですよ!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。