ここから本文です

関東鉄道常総線の取手~下館間は今でも路線として成り立っている(取手~水海道間は...

wek********さん

2017/1/1517:39:50

関東鉄道常総線の取手~下館間は今でも路線として成り立っている(取手~水海道間は複線化しており、通勤路線にもなっている、それに本数が多い)のに対し、

関東鉄道筑波線(土浦~岩瀬間)も起終点だけ見れば常総線と並行していますがこちらはかなり昔に廃止になっています。

それどころか、筑波駅以北はバスが廃止になってしまい、桜川市真壁が「陸の孤島」であることは某番組でも取り上げられました。昔は真壁駅は下館・筑波・岩瀬などに直通するバスターミナルでしたがそれらも全廃しています(現在は一応実証運行中ですが、あれはどのぐらいの需要があるのでしょうか・・・)。

この差はやはり東京からの遠さの差なのでしょうか?

閲覧数:
352
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bab********さん

編集あり2017/1/1517:42:07

そのとおりですね。
東京への通勤圏になるかどうかの差です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mnb********さん

2017/1/1518:09:56

乗客が多いのは、水海道まで、
水海道までも、TX開業後は乗客が少ない。

水海道以北は、完全に赤字路線。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる